とある飛行機好きの生活向上ブログ

中国在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANA SFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報などについて書いていきます。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

(搭乗レポート)ANAのB787-8エコノミークラスで台北から東京へ(TSA -> HND)

今年の夏の飛行機旅の記録をこれから幾つかアップしたいと思います。写真メインなので、目でさらっと楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

今回はANA利用で台北(松山)から東京(羽田)まで飛んだ時の記録です。

 

ANAのB787-8で台北から東京へ


出発は台北市内にある台北松山空港から。


台湾で暮らした数年間でいったい何度利用したかわからないくらいたくさん利用した空港ですが、訪れるのはもしかしたら今回で最後になるかもしれません。この日は特に感慨深く感じました。

 

チャックインを済ましてセキュリティーチェック及び出国審査を終え、いつものようにラウンジへ。

 

台北松山空港

 

そして、いつものように焼売をたっぷり、、、(笑)

 

台北松山空港

 
この焼売が結構美味しいんですよね。決して大きなラウンジではないのですが、毎回これが楽しみです。

 

腹ごしらえが済んだら搭乗ゲートへ。今回私を羽田空港まで運んでくれるのはボーイング787-8型機です。

 

ANAのB787-8

 

この日は天気も良くて、空からの景色が非常に楽しみでした。

 

いざ、出発!


特にディレイもなく、定刻通りの出発です。


この空港は台北市内にありますから、離陸直後には台湾で最も賑やかなエリアをよく見渡すことができます。

 

ANAのB787-8からの景色


右奥に写っている背の高いビルが「台北101」です。有料ですが、展望階に上ると台北の360°パノラマビューを楽しむことができます。

 

少しすると台湾本島の端が見えてきます。

 

ANAのB787-8からの景色

 

毎回思うことですが、自然に恵まれた本島に美しい島ですね。

 

この後もちょこちょこ窓の外の景色をチェックしては写真を撮っていたのですが、特にこれが気に入りました。

 

ANAのB787-8からの景色

 

ラウンジで結構食べた後ではありましたが、気付いたらテーブルの上には機内食が、、、

 

ANAのB787-8機内食

 

普通に美味しかったです!
あたらめて考えると、空の上で当たり前のように食事ができるなんて、本当にすごいことですよね。将来は宇宙空間でこういうのが可能になるのかな、、、なんて。

 

この便は、16:45発20:50着という絶妙なスケジュールで、空の色がゆっくりと移り変わる様を存分に楽しむことができます。

 

ANAのB787-8からの景色


本当に窓の外ばかり見ていた3時間でした。