とある飛行機好きの生活向上ブログ

ごく平凡なサラリーマンが綴る飛行機ブログ。飛行機や旅行、空港ラウンジ、クレジットカード、陸マイラー情報などについて自由気ままに発信していきます。ご連絡はTwitter(@superflyer2015)経由でお願いします。

スポンサードリンク

新しくなったアメリカン・エキスプレスの「紹介プログラム」の特徴と注意点

f:id:superflyer2015:20180413185214j:plain


この度、アメリカン・エキスプレス(アメックス)の「紹介プログラム」に大きな変化がありましたので、注意点も含めこちらにまとめておきたいと思います。

 

新しくなった「紹介プログラム」


アメックスは他のクレジットカード発行会社同様、「紹介プログラム」を長きに渡り実施しています。このキャンペーンを利用し、既存会員の紹介で新規に入会申し込みをすることで、入会した人、紹介した人の双方にボーナスポイントが入る仕組みになっています。

 

先日、アメックスから「紹介プログラムは2018年4月11日まで」といったような内容のメールが届きました。紹介プログラム自体の廃止はまずあり得ないでしょうから、4月12日以降、何か変更があるのかなと思っていたのですが、どうやら主に獲得可能なボーナスポイント数に変更があったようです。

 

詳細は公式サイト(https://icm.americanexpress.com/jp/content/mgm-hub/)にありますが、現時点で獲得可能なボーナスポイント数は以下のようになっています。

 

f:id:superflyer2015:20180413185350p:plain

 

f:id:superflyer2015:20180413185411p:plain

 

f:id:superflyer2015:20180413185432p:plain

 

いったいどう変化したのか?という話になるわけですが、獲得ポイント数が引き下げ(入会者獲得分:17,000 -> 12,000スターポイント)られてしまった「スターウッド プリファード ゲストアメリカン・エキスプレス・カード(通称『SPGアメックス』)」以外は、全体的にかなり大きく獲得ポイント数が増えています。

 

当ブログの読者の皆さんが関心を持つ可能性が高いと思われるカードに絞って見てみましょう。新規入会した場合の獲得ポイント数は、それぞれ以下のように変化しました。
(※以下は入会者が獲得可能なポイント数。紹介した者が得られるポイント数には変化なし。)

 

  • アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(プラチナカードへの登竜門):10.000 -> 47,000ポイント
  • ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(比較的作りやすく無審査でSFCへの切り替えが可能なANAカード):30,000 -> 53,000(ANAマイル相当)
  • デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(所有するだけでデルタ航空のゴールドメダリオン会員&スカイチームエリートプラス会員になれる神カード):18,000 -> 34,000(デルタ航空のマイルとして獲得)


とにかくものすごいレベルの引き上げですね。
これら3枚のカードはライフスタイルによっては持つ価値が十分にあるかと思います。収入及び決済額が多く、高額な年会費が気にならない方は、プロパーゴールドを所有してプラチナを目指すのもアリだと思いますし、出張等が多くANAの有償航空券をたくさん購入するという人は、ANAプレミアムカードへの踏み台としてANAアメックスゴールドを持つのも決して悪くない選択肢だと思います。

 

sfcmiler.hatenablog.com

 

ちなみに、デルタアメックスゴールドに関しては私も持っています。このカードは、持つだけでデルタ航空やエールフランスが加盟する「スカイチーム」の最上級会員になれるという恐ろしいカードです。日本にはスカイチーム所属の航空会社が存在しないことが当該クレカ存在の原因なわけですが、日本人で良かった、、、なんてつい思ってしまいます。SFCやJGCを取得するためには、現金だと50〜60万円くらい(+たくさんの時間)は普通にかかりますから、年約3万円の会費で持てるこちらのカードにはお得感があります。

 

SPGアメックス


近年話題のアメックスカードと言えば「SPGアメックス」。私ももちろん持っています。

 

sfcmiler.hatenablog.com

 

ただ、残念ながら今回紹介プログラムによって得られるボーナスポイント数が上述の通り「入会者獲得分:17,000 -> 12,000スターポイント」に引き下げられてしまいました。

 

この背景に何があるのか、もちろん真実は私にはわかりませんが、考えられることとしては以下の3つかなと思います。

 

  1. 放っておいてもブロガーたちが勝手に宣伝してくれる。
  2. 人気が出過ぎてしまいSPGやマリオット側からクレームがついた。
  3. SPGとマリオットの統合に伴い廃止される可能性。

 

まず一つ目ですが、このカードを他者に紹介した際に得られるボーナスポイントは10,000スターポイントです。SPGがスターポイントを販売する際の額を考えれば、「1スターポイント=2.5〜3円」程度の価値があると言えますから、要は1人紹介をすると25,000〜30,000円くらいが手に入ることになるわけです。ブロガー界隈が盛り上がらないわけがありません。

 

ちょっと検索してみればわかりますが、「SPGアメックスを紹介します!」なんていうブログが現在では雨後の筍のように存在しています。この動きはもう止まりませんから、アメックス側が、「プロモーションを進めるまでもないから少し引き下げよう」となるのも自然だと言えます。放っておいても会員は増えるのだから出費を抑えよう、ということです。紹介者が得られるボーナスポイント数が据え置かれている点がミソだと思います。

 

二点目ですが、「SPGアメックスのせいでホテルの上級会員が増え過ぎた」と苦言を呈している富裕層もいるとかいないとか。特に近年では、日本の高級ホテルでは部屋不足が続いていて、よほど立地が悪くない限り放っておいても部屋は埋まります。ですから、SPGやマリオット系列の高級ホテル側からしたら当然、「(お客さんも含めた)質の維持」に力を入れたくなるでしょう。SPGアメックスを持った平民が大量にやってきて、ベストレート申請まで駆使しつつ、どうせアップグレードされるからと最も安い部屋しか利用しない様を見続けるのは、ホテル側の人間としてはあまり気持ちの良いものではないのかもしれません。

 

三点目に関しては、情報が錯綜していてまだ正確なことはちょっとよくわかりません。ただ、どうやら2018年の後半にSPGとマリオットの本格的なシステムの統合が始まり、2019年には完了する可能性が高そうです。こうなるとやはり、「SPGアメックスが消滅する可能性」も気になります。というか、正確には「消滅」ではなく、カードの「リブランド」的な形になる可能性が高いのかなと。アメックス側からしたら、せっかく掴んだ大量の顧客を逃すのは絶対に避けたいわけで、うまく橋渡しをする方向で検討しているのではないかなと勝手に予想しています。ただ、今回の紹介プログラムを見ていると、「興味をSPG以外の他のカードに向けさせたい」という強い意図を感じますから、SPGアメックスが来年以降も存続するとしても、これまでのような強烈な「お得感」はなくなるのかもしれません。

 

まあただ、未来のことなんてわかりませんし、我々一人一人が持っている「残りの時間」だってこうしている間にどんどん減っていくわけですから、余計なことは考えずに、まだの方は速やかにSPGアメックスを作ってホテルステイを楽しむのが一番賢い方法なのかもしれません。

 

注意事項


最後に、今回の紹介プログラムを利用する際に注意すべき点について三点挙げておきます。

 

  1. SPGアメックス保有者が紹介可能なのはSPGアメックスだけ。
  2. 紹介リンクをオープンな場所に晒してはダメ。
  3. 自分で自分を紹介することはできない。

 

まず一点目ですが、これは以前から変わらない条件です。公式サイトには以下のように書いてあります。

 

※スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カード会員様がご紹介いただけるカードは、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードのみです。


ということで、SPGアメックス以外のカードの紹介を希望する方は、「SPGアメックスしか持っていない人」にお願いしても意味がありません。誰かに紹介してもらいたい場合は、私のような「SPG以外のカードを持っている人」にお願いする必要があります。


次に二点目ですが、これまで通り、以下のような文言が公式サイトには残っています。

 

※ご紹介いただく方は、カード会員様のご家族やご友人、お知り合いの方など互いに連絡可能な状態にある方に限らせていただきます。


アメックスの会員はそれぞれ個別の「紹介URL」を持っていて、これを紹介を希望する相手に伝え、相手がそのURL経由で入会申し込みをすることで「紹介」が成立します。

 

こちらの注意事項が何を言っているのかというと、「連絡先すら知らないような完全な赤の他人を紹介しないでほしい」ということです。一応高級クレカの紹介プログラムですし、紹介を受けて入会申し込みをする場合には審査において優遇も受けられるそうですから、当然「質」の確保も重要になるわけです。

 

Twitter等のSNSで紹介URLを流しているホルダーがいるようですが、アメックス側からしたらそんなのは案外簡単に特定可能です。個人的にはリスクとリターンが釣り合っていないような気がしてなりません。兎にも角にも、しっかりとルールは守りましょう。


そして三点目ですが、これは今回新しく付け加わった条件です。以下のように書かれています。

 

※既にアメリカン・エキスプレスのカードをお持ちの方が、本プログラムを利用してご自身を紹介される行為は禁止とさせていただきます。


実は私は、SPGアメックスを作る際には「自分で自分を紹介」しました。そんなことができるとは思っていなかったのですが、アメックスのデスクの方に聞いてみたところ可能と言われ、そのような形で新しいカードを作った次第です。ただ、この文言が追加されたということは、ダメになったということでしょうね。まあそもそも、自分で完結してしまったらそれは「紹介」でも何でもありませんからね。

 

とまあ、特筆すべき注意事項は以上となります。以下のような記述もありますから、余計なリスクを取らないように注意しつつ、この紹介プログラムを活用したいものですね。

 

※当規約に違反するご紹介行為があったと弊社が判断した場合には、特典の提供はいたしかねます。過去に獲得されたボーナスポイント*についても取り消しをさせていただく場合がございます。また、アメリカン・エキスプレスのポイント・プログラムへの参加資格や、提携カードにおけるマイルやスターポイント加算を停止させていただく場合もございます。


最後に、以上を踏まえた上で、私にアメックスのクレジットカード(SPGアメックスに限らずどのカードでもOK)を紹介してほしいという方は、Twitter(@superflyer2015)もしくは電子メール(twlemontea@gmail.com)でご連絡いただけたらと思います。上述の通り、私の持っている「紹介URL」をお伝えするだけですから、本名を私に教える必要はありません。

 

なお、ちょっとだけ補足をすると、アメックスのカードを持つにあたっては、年収は低くても全く問題ないと思います。月収10万円台の私が何枚も持てているくらいですし、その場合は限度額が低く設定されるだけですから。なので、勤め人であれば審査自体は普通にパスできるかと思います。アメックスというのは、とにかく利用者の「使い方」をよく見ている会社みたいですね。ガンガン使えば限度額もガンガン上がりますし、以前デスクの方に聞いてみたところ、利用額が少なくなった際には限度額を下げることも普通にあるそうです。私は三井住友カード発行の年会費の安いカードに申し込んで普通に審査落ちする(海外というだけでまともな職に就いているし、延滞等の事故ももちろん皆無なのに、、、)ような人間ですから、アメックスのこういったやり方は本当に大好きです。今後もずっとこの会社のカードを愛用したいと考えています。

 

ということで、少々長くなってしまいましたが、今回はアメックスの新しくなった「紹介プログラム」について紹介させていただきました。いいカードを持つと、仕事を頑張って稼ぎを増やそうという気持ちにもなりますし、航空会社やホテル系のカードであれば、そのカードが旅に誘ってくれるものです。人生を彩るツールとして、楽しく有効に活用したいものですね。

 

(※2018年5月16日追記)

SPGアメックス及びデルタアメックスに関連するニュースを以下の記事でご紹介しています。これらのカードへの新規入会を検討中の中はチェックしておくことをお勧めします。

 

sfcmiler.hatenablog.com

 

sfcmiler.hatenablog.com