とある飛行機好きの生活向上ブログ

ごく平凡なサラリーマンが綴る飛行機ブログ。飛行機や旅行、空港ラウンジ、クレジットカード、陸マイラー情報などについて自由気ままに発信していきます。ご連絡はTwitter(@superflyer2015)経由でお願いします。

スポンサードリンク

確実にお得なトラベラー必携カード「SPGアメックス」

f:id:superflyer2015:20181023010653g:plain

 
こちらの記事では当サイト管理人のメインカードである「SPGアメックス」をご紹介したいと思います。


※以前書いた紹介記事(https://sfcmiler.hatenablog.com/entry/introduction_of_spg_amex)の内容は制度変更により古いものとなっています。当記事は2018月10月23日時点における最新の情報を反映しています。

 

最強のクレジットカード


世の中には実に様々なクレジットカードが存在するわけですが、「サラリーマンが人生を楽しむために持つべきカード」という縛りを課すと、候補はかなり少なくなります。

 

単刀直入に結論を書いてしまうと、メインカードとして使用すべきクレカは以下の2種類しか存在しないと私は考えています。

 

  • アメリカン・エキスプレス発行のプラチナ・カード(通称アメプラ)
  • スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(通称SPGアメックス)

 

まずアメプラですが、一般庶民でも持てるカードとしては現在これが間違いなく最強であると言えます。付帯サービスが極めて充実していますし、還元率も高いのでお得さも兼ね備えています。しかしながら、ネックになるのは「130,000円+消費税」という常軌を逸した年会費です。細かいことはここでは省略しますが、この額を毎年支払える方はもう迷うことはありません。是非保有し、ラグジュアリーな生活を満喫してください。

 

ちなみに私はこんな冗談のような金額は払えません。私は決してコスパに重きを置くタイプではありませんが、「こんな金額をクレカごときに毎年払いたくはない」と思うからです。自分も将来出世して可処分所得が増えたら保有を検討するかもしれませんが、ざっくり言って1,000万円程度の年収は最低でも必要かなと思っています。

 

ということで、私は二番目に挙げた「SPGアメックス」をメインカードとして使用しています。こちらのカードの年会費は「31,000円+消費税」ということで、やはり一般的なカードに比べるとだいぶ高いのですが、保有することで毎年高級ホテルに無料で1泊できる特典が付帯しているため、それでほぼ相殺されます。後述しますが、他にも重要なメリットがあるためバランス的には間違いなくこのカードこそが(現実的には)「最強」であると私は考えています。

 

ということで、以下ではこのカードの利点をご紹介したいと思います。

 

ホテルの上級会員資格


SPGアメックスはその名前からも分かる通り、SPGというホテルグループとアメックスとの提携カードです。

 

SPGというのは「スターウッド プリファード ゲスト」という高級ホテルグループのことなのですが、現在SPGはアメリカ資本の「マリオット」という超巨大ホテルグループの傘下に入っていますから、本来なら「マリオットアメックス」とでも呼んだ方がしっくりくるような気もします。

 

マリオットグループには「マリオットリワード」というロイヤルティプログラムが存在し、他のホテルグループ同様、様々な会員ランクが設定されています。そして、こちらのクレジットカードを保有すると、本来なら年に25泊以上しないと取得できない「ゴールドエリート」という会員資格を得ることができます。

 

ゴールドエリート会員になった場合に享受可能なベネフィットには様々なものがありますが、特筆すべきサービスとしては以下のものが挙げられます。

 

  1. ポイントボーナス(25%)
  2. 午後2時までのレイトチェックアウト
  3. より望ましい客室へのアップグレード

 

まず一点目のポイントボーナスですが、出張等で有償宿泊の機会が多い方にとってはメリットが大きいかと思います。ただ、カード決済でポイントを貯めてホテルには主に無料で宿泊、という方にとっては旨味が少ないかもしれません。

 

二点目のレイトチェックアウトは誰にとっても嬉しいですね。これは基本的には有料のサービスですから、無料で滞在時間の延長ができるというこの特典にはやはりお得感があります。

 

三点目の客室アップグレードはまさに上級会員の証とも言える特典かと思います。アップグレードの内容は当日の混雑状況に強く依存しますが、例えば眺望の良い部屋へのちょっとしたアップグレードであっても、金額的にはそれなりに大きな差であるケースが少なくありません。

 

マリオットに関して言えば、ゴールドエリートの上にはプラチナエリート等まだ数段階更に上の会員ランクが存在しているのもまた事実ではあるのですが、上述の特典がクレジットカードを保有するだけで得られるというのは本当にすごいことだと思います。同一年に高級ホテルに25泊以上なんて、出張の多いビジネスパーソンもしくはよほど経済的な余裕のある人でなかったらまず無理ですからね。

 

高い還元率


上で説明したマリオットの上級会員資格の自動付帯に加え、決済時おける高い還元率もこちらのカードの重要な特徴です。実は私はマリオット系のホテルに泊まる機会は普段ほとんどなくて、この高い還元率が理由でこちらのカードを保有していると言っても過言ではありません。

 

ちなみに、「還元率」と言っても、ここでは貯めたポイントを航空会社のマイルに交換する場合を想定しています。現代を生きる旅行好きにとって飛行機は最も基本的な移動手段とも言えるわけですが、一般的に飛行機のチケットは他の乗り物に比べて高価ですから、経済的な余裕のある人が頻繁に利用するイメージが今でもまだ若干は残っている気がします。しかし、航空会社のマイレージプログラムのメンバーになり、マイルを貯めることで特典航空券を手に入れることができますから、マイルさえあれば飛行機は無料で乗れる乗り物とも言えるわけです。もっとも、諸税や燃油サーチャージは別途かかりますから、厳密にタダとは言えませんが、それでも極めて大きな節約になることは間違いありません。それに、マイルをたくさん貯めれば、ビジネスクラスやファーストクラスの国際線特典航空券を発券することも可能です。私も実際、マイルを利用してこれまでに何度もビジネスクラスで快適な空の旅を楽しんできました。

 

ここでは、日本の航空会社である全日本空輸(ANA)を例に説明することにします。SPGアメックスは100円決済するごとに基本的には「3ポイント」貯まり、「3ポイント=1マイル」の比率でマイルに移行するすることができます。しかしながら、60,000ポイントをまとめて一度に移行することにより、15,000ポイントのボーナスを得ることができます。つまり、「60,000ポイント=25,000マイル」になるわけです。

 

一般的にANAマイルは最低でも「1マイル=2円」程度の価値はあると言われていますから、通常であれば「2%」の還元率が60,000ポイントごとにマイルに移行することにより、「2.5%」まで上昇することになるわけです。ANAカードでも基本的には100円決済するごとに1マイル、つまり還元率としては「2%」止まりですから、SPGアメックスは航空会社提携カードをも凌ぐ非常に強力なマイラー向けクレジットカードと言えるわけです。なお、マイルを国際線のビジネスクラス特典航空券に交換した場合には、1マイルの価値は4円や5円くらいまで上がることが多いです。ですから、還元率という意味では「5%以上」になることも実際にはザラです。

 

兎にも角にも、私はこれが理由でこちらのカードをメインカードとして利用しています。もう少し正確に言うと、ANAの特約店ではANAカードを使い、それ以外のシーンではSPGアメックス、という使い分けをしています。

 

そんなわけで、「マイルを効率良く貯めたい」、「飛行機旅が大好き」という方にとってはこれ以上のカードはないと私は考えています。

 

ちなみに、こちらのカードで貯めたポイントはホテルの無料宿泊に使用することもできます。マリオットは世界最大のホテルグループであり、世界中にものすごい数のホテルがありますから無料宿泊に関しても非常に使い勝手が良いと言えます。飛行機はマイルで、宿はポイントで、といった感じにアレンジすることで、ほとんどお金のかからない旅行を楽しむことも可能になります。

 

継続ボーナス無料宿泊特典


こちらのカードの保有を検討する上で気になるのがやはり高めに設定された年会費なわけですが、「継続ボーナス無料宿泊特典」というのが付いているため、実際にはほぼ無料と言えます。

 

カードの保有を継続する度、つまり2年目以降は毎年継続ボーナスとして、「交換レート1泊50,000ポイントまで」のホテルに1泊1室(2名まで)無料で宿泊することができます。

 

マリオットグループのホテルは全て、カテゴリー1からカテゴリー8まで8段階のカテゴリー分けがなされていて、さらに無料宿泊に必要なポイント数は各カテゴリーにおいて、「オフピーク」、「レギュラー」、「ピーク」の3段階で設定されています。

 

f:id:superflyer2015:20181023194208p:plain

 

(※「カテゴリー8」及び「オフピーク及びピークの区分」は2019年から導入予定。したがって今ならまだ「2019年からカテゴリー8に昇格予定のホテル」に60,000ポイントで無料宿泊することが可能!)

 

継続ボーナス無料宿泊の際の上限である「50,000ポイント」なのですが、これはカテゴリー6のレギュラーシーズンに相当しますから、はっきり言って世界的にはほとんどのホテルが利用可能です。例えば「リッツカールトン」といった最高級ブランドのホテルには泊まれませんが、高級ホテルとしてよく知られている「シェラトン」ならほぼ確実に利用可能ですし、もう少しグレードの高い「ウェスティン」なんかもだいたい大丈夫です。

 

宿泊代は宿泊日と予約時期によって大きく変動しますから一概には言えませんが、それでもざっくり言えば、年会費はこの無料宿泊によってほぼ相殺されると言えます。ですから、「毎年できれば1度はラグジュアリーなホテルに泊まりたい」と考える方であれば、持っていて全く損はないカードと言えるのではないでしょうか。

 

充実した旅行傷害保険


これはアメックスのカード全般に言えることでもあるのですが、自動付帯の旅行傷害保険が充実している点も個人的には強調しておきたいです。各種補償の額が年会費の安い大衆向けカードに比べて高く設定されているだけではなく、緊急時のアシストにも信頼が置けます。

 

実は私は海外で怪我をしてアメックスのデスクにお世話になったことがあるのですが、海外にいてもすぐに最寄りの病院を探してくれたりと、とにかくきびきびと動いてくれます。病院までの移動費も補償されるからとタクシーで急いで向かうよう促してくれたりもして、本当に今でも感謝しています。

 

私は普段、日本と海外を行ったり来たりしていますが、実は旅行傷害保険はクレカに自動付帯のものしか利用していません。毎回別途任意で加入するのは面倒ですし、出費を増やすことにもつながります。ですから、こういったまともなカードを持っていると本当に楽ですし、結果的に節約にもなります。近年では海外旅行が非常に身近な存在になりましたから、最低限の備えとして、こういったしっかりしたカードを1枚持っておくと安心かと思います。

 

お得な入会方法


以上をお読みになった上で、「このカード、自分に合ってるかも! 作ろうかな!」なんて思われた方もいらっしゃるかと思います。

もちろん、マリオットの公式サイト(https://www.marriott.co.jp/)でマリオットリワードの会員登録(会員番号を発行)をした上で、アメックスの公式サイトにアクセスして申し込めば簡単に作れるのですが、入会時にボーナスポイントを獲得できるお得な入会方法がありますので、最後にそれをご紹介しておこうと思います。

 

現在アメックスでは「紹介キャンペーン」を開催中でして、既存会員の紹介により入会するとボーナスポイントが獲得できます。

 

具体的には、公式サイトから普通に入会し、入会後3ヶ月以内に合計10万円以上決済した際に得られる「30,000ポイント」に加え、紹介を経て入会することで更に「6,000ポイント」を獲得することができます。つまり、「36,000ポイント」という大量のポイントが一気に獲得できるわけです。これだけあれば、カテゴリー5のホテルにもピークシーズン以外であれば無料で泊まることができますから、初年度の年会費もほぼ相殺可能と言えるかと思います。

 

さらにもう一つメリットがあり、なんでも、既存会員の紹介によって入会申し込みをした場合、入会審査において優遇を受けられるそうです。要は、入会審査に通りやすくなるということですね。もっとも、審査がすごく厳しいカードというわけでは決してありませんから、そんなに心配する必要はないとは思いますが。

 

ということで、兎にも角にもこのカードを新規に保有される予定の方は既存会員の紹介を受けることを強くお勧めします。ぜひ知り合いのホルダーさんに紹介をお願いしてみてください。

もし、「知り合いにホルダーがいない、、、」ということであれば、私が紹介することももちろん可能です。方法としては、私が持っている私固有のURL(入会申し込み用のホームページのアドレス)をあなたにお伝えし、そこから入会申し込みをしていただくだけなのですが、この紹介プログラムのルール上、ここにそのURLを貼り付けることはできません。ですから、紹介を希望される方は、Twitter(https://twitter.com/superflyer2015)もしくは電子メール(twlemontea@gmail.com)で私に直接ご連絡をしていただけたらと思います。なお、あくまでURLをお伝えするだけですから、私に本名等の個人情報を伝えていただく必要はありません。SPGアメックスの紹介を希望されていることが伝わりさえすれば十分です。

 

おわりに


最近ではこういったクレジットカードの紹介ブログも雨後の筍のように乱立しているわけですが、競争の中で情報というのは自ずと洗練されていくものです。

 

結論としては、冒頭にも書きましたが、トラベラーが持つべきカードはやはり「アメプラ」か「SPGアメックス」のどちらかだと思います。10万円を大きく超える凶悪な年会費を支払う経済力がある方はもうアメプラ一択です。逆に、私のようにそれが難しいのであれば、SPGアメックスを保有することにより、「賢くワンランク上の旅を楽しむ」のが正攻法と言えるかと思います。

 

このカードを持つことで、皆さんがより多くの旅の機会に恵まれるようになることを願っています。