とある飛行機好きの生活向上ブログ

台湾在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANA SFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報などについて書いていきます。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

シンガポールのセントーサ島内を散策。マーライオンに水族館、ビーチやマレーシア料理など。

今回は、セントーサ島観光のハイライトをお伝えしたいと思います。写真メインでいきたいと思いますので、目で楽しみつつ、皆さんの将来のシンガポール旅行の計画を立てる際の参考になったら嬉しいです。

 

セントーサ島内を散策


この日は丸一日かけて、セントーサ島内を散策しました。

スタート地点は、リゾート・ワールド・セントーサの中心と言ってもよいこちらです。

 

シンガポールのセントーサ島観光


夜、「レイク・オブ・ドリームス(Lake of Dreams)」という無料のショーが開催される場所です。

この周辺にセントーサ島内の主だった見所が集まっています。私が今回滞在したホテルからは徒歩でも来れますが、やはり外は暑いので、無料のシャトルバスでの移動が楽です。

それでは以下、写真と共に周辺の観光スポットをご紹介したいと思います。

 

ユニバーサル・スタジオ・シンガポール


「USJ」ではなく、「USS」ですね。今回私は中には入りませんでしたが、「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」のエントランスはこの周辺にあります。

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

マレーシアン・フード・ストリート


この日の昼食は、マレーシア料理を試してみることにしました。

「マレーシアン・フード・ストリート」というフードコートがあり、ここでは様々なマレーシア料理を楽しむことができます。

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光


中はかなり賑わっていましたが、席を見つけるのにすごく苦労するほどではありませんでした。いろんなお店があるので何を食べようか迷うのですが、ガイドブックに必ず載っている「ホッケンミー」を試してみることに。

 

シンガポールのセントーサ島観光


典型的なB級グルメということで、まあ見た目は大したことないのですが、普通に美味しかったです。焼きうどんの親戚と表現するのが一番しっくりくるかなと。

もう一品、こんなのも試してみました。

 

シンガポールのセントーサ島観光


名前を忘れてしまいましたが、要は、とろみの付いた中華そばです。これも普通に美味しかったです。

ちょっと味の濃い料理が多く、外は暑いのですぐ喉が乾くわけですが、ここで売っている青リンゴジュースがめちゃくちゃ美味しかったです。

 

シンガポールのセントーサ島観光


滞在中、何度も飲みました。日本でも台湾でもなかなか飲む機会がありませんが、青リンゴジュースって本当に美味しいですね。これ飲んだら、赤いリンゴのジュースなんて飲めなくなるのではないでしょうか。

 

フォーラムとカジノ


上述のスタート地点のすぐ近くにあるエスカレーターで下に降りると、「THE FORUM」という場所に出ます。

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光


このフロアにカジノの入り口もあります。

 

シンガポールのセントーサ島観光


私は中には入りませんでしたが、外から見た感じだとすごく楽しそうでした。ぜひ、夢を掴みにいらっしゃってください(笑)

 

シロソビーチ


このエリアの地下は巨大な駐車場になっています。

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光


ここから島内を巡るシャトルバスに乗ることができるので、私もそれを利用し、「シロソビーチ(Siloso Beach)」を見に行くことにしました。

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光


小さな島ですから、コンパクトなビーチではありますが、南国ムードがすごくてなかなか良かったです。

ビーチの近くにココナッツアイスのお店があったので、寄ってみました。

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光


ものすごく美味しい!というようなものではありませんが、南国ムードを舌でも楽しめます。

 

シー・アクアリウム


ビーチを散策した後は、スタート地点に戻り、水族館を訪れました。ここには、「シー・アクアリウム(S.E.A. Aquarium)」という世界最大の水族館があります。

 

シンガポールのセントーサ島観光


早速中に入ってみましょう。

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光


結構広いので、かなり見応えがあります。家族連れやカップルがのんびり過ごすには最適なのではないでしょうか。館内にはレストランなんかもあります。

 

クレーン・ダンス


水族館を後にし、「ウォーターフロント(WATERFRONT)」へ。

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光


ここで、夜には「クレーン・ダンス」という無料のショーを鑑賞することができます。

 

シンガポールのセントーサ島観光


なかなかユニークなショーで面白かったです。電子音楽が大音量で流れるので、クラブにいるみたいで楽しかったです。

 

セントーサ・マーライオン


このエリア、夜になると雰囲気が出て、すごくいい感じです。高級フレンチレストランとして有名な「ジョエル・ロブション」なんかもありますから、思いっきりお洒落をして、豪華なディナーを楽しむのも楽しいかもしれません。ドレスを着た白人の女性が入店する姿は、まるで映画の中のワンシーンのようでした。

 

シンガポールのセントーサ島観光


シンガポールと言えば「マーライオン」なわけですが、実はセントーサ島にもいます。そして、ここにいるマーライオンの方がマリーナベイエリアにいるものよりもはるかに大きいです。

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光


いろんな色に変わるので、見ていて飽きません。

 

酒好きには辛い国!?


島内散策を満喫し、満たされた心でホテルに戻り、、、となるわけですが、その前に忘れてはいけないのは「お酒の購入」です。このエリアにセブンイレブンがあるのですが、島内にコンビニは数店舗しかありませんから、買い忘れに気をつける必要があります。今回私が滞在したホテルの周囲には皆無でした。

ちなみに、お酒はかなり高いです。

 

シンガポールのセントーサ島観光


缶ビールでも、500ml缶で5ドル(約400円)とか6ドル(約480円)とか普通にします。

まあでも、酒好きにとっては、価格と購入量との間に相関はありません。持てるだけ買いました(笑)

ホテルに戻り、まずゆっくり風呂に浸かって汗を流し、その後はルームサービスをつまみにお酒を楽しみました。

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光

 

シンガポールのセントーサ島観光


いやぁ〜、それにしても、やっぱり旅っていいですね。最高です。

シンガポールと言うと、やはりマリーナベイエリアが有名ですが、セントーサ島も観光資源が非常に充実しているなと感じました。まだ訪れたことのない方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

次回のエントリーでは、マリーナベイエリアについてご紹介したいと思います。あのホテルの写真、もちろん私も撮ってきましたので、次回披露させていただきます(笑)