とある飛行機好きの生活向上ブログ

中国在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANA SFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報などについて書いていきます。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

認知され過ぎたことによる衰退!? 陸マイラーが今後もマイルを得続けるための方法

f:id:superflyer2015:20170907022645j:plain

 

陸マイラーになって美味しい思いをたくさんしたけれど、最近急にマイルを集めるのが難しくなった、、、なんて方、いらっしゃいませんか?

 

大型案件に関する変化


今回はいわゆる「陸マイラー」についてのお話です。「何それ?」という方は、まず以下の記事を先にお読みいただけたらと思います。

 

sfcmiler.hatenablog.com

 

要は、いわゆる「ポイントサイト」を利用してポイントを貯め、それを航空会社のマイルに交換することにより、飛行機に乗らず陸にいながらマイルを貯めている人たちのことです。貯めたマイルは航空会社の特典航空券に交換することが可能ですから、サーチャージや諸税のみで飛行機旅をすることができるわけです。

 

さて、この陸マイラーなのですが、ここ数年で爆発的に人気が出てそれなりに認知されるようになりました。その背景には、景気低迷により旅行をする経済的余裕のない人が増えたこと、そして、我々のような陸マイラーがブログ等で華やかな旅の記録をアップし、読者を煽っているという現状があるのではないかと私は考えています。

 

しかし、どうも最近明らかにマイルを集めるのが徐々に難しくなっているような気がし、今回私は筆をとることにした次第です。

 

一言で言ってしまえば、ポイントサイトにおけるいわゆる「大型案件」がどんどん渋くなっていっているように思えるのです。陸マイラーの旨味は、ポイントサイトを利用することによって例えば、10,000マイルないし5,000マイルくらいがノーリスクで簡単に手に入るという点なのですが、それを可能にする大型案件がこの数ヶ月でどんどん減っていっているようなのです。

 

ある程度の支出が必要な案件を除けば、個人的に真に美味しいと感じる案件は二種類しかありません。「クレジットカード発行案件」と「FX口座開設案件」です。

 

まず前者ですが、昨年くらいまでは年会費無料もしくはかなり安価なカードを発行しただけで8,000円や9,000円相当のポイントを得ることができましたが、そういった案件は一気に減りました。最近では、そのくらいのポイントが得られるカードは年会費も高めに設定されていることが多く、旨味が少ない、もしくはそもそも美味しくない、というのが現実です。

 

次にFX口座開設案件ですが、これも数ヶ月前までの状況を知っている者であれば驚くくらい条件が悪くなりました。新規口座開設に加え、一定量の取引を条件にしている案件がほとんどなのですが、その条件が厳しくなった案件が多いだけでなく、条件達成によって得られるポイント数も明らかに引き下げられました。個人的には、FX案件こそが最も美味しい案件だとずっと考えてきましたし、私も随分とその恩恵を受けました。しかし現状では、下手に手を出すと損失が出てしまう可能性すらあるため、ブログ等を通して容易にオススメするわけにもいきません。条件が良い時にこなしておいて本当に良かった、、、というのが素直な感想です。

 

認知され過ぎたことによる衰退!?


では、なぜこのような現状になってしまったのでしょうか?

 

ちょっと考えれば簡単にわかります。
つまりは、広告主がポイントサイトに広告を出すことに旨味を感じなくなったということだと思います。

 

まあ当たり前ですよね。陸マイラーの多くは、ポイントサイト経由で作ったクレジットカードなんてタンスに死蔵するだけで、1年未満、つまり年会費の請求がくる前に解約するでしょう。FX口座を作ったところで、条件を満たしたらポイントの加算を待ち、加算されたら全額出金。それ以降は一切ログインなどしないことでしょう。そもそもポイントサイトを利用してちまちまポイントを貯めるような人間がFXなどやるはずがないのです。そういった現実に広告主も気付き始めたということなのではないでしょうか。例えば、得られるのが1万円相当のポイントだとして、そういったことを1万人にやられたら1億円の損失になるわけですから。

 

あとは、賢い人が増えたというのも一因だと思います。陸マイラーブログが乱立し、読者サイドからすると、真にお得なポイントサイトの利用方法に関する情報を得るのが非常に簡単になりました。

 

某ポイントサイトが「陸マイラー」という言葉を出して、その活動をプッシュしたのも大きく影響しているような気がします。最初にそれを目にした時は、大勝負に出たものだなと正直かなり驚きました。

 

結局のところ、全体で見たらやっているのはゼロサムゲームみたいなものですからね。このサイクルが機能するためには、どうしても「支出者」が必要なのです。本来ならもちろんその役割を担うのは広告主が提供するサービスを利用する消費者なのですが、みんなが消費をしなくなってしまったということです。となれば、待っているのはもちろん「膠着」や「ビジネスモデルの衰退」ということになります。

 

陸マイラーが必ずブロガーになる理由


「お前も陸マイラーのくせに、何偉そうなことを、、、」

 

なんて声が聞こえてきそうなので(笑)、それでは打開策を考えてみましょう。
陸マイラーが今後もマイルを得続けるための方法というのはあるのでしょうか?

 

あります。

 

そうです。これが答えです。

 

だからみんなブログを始めるのです。

 

ポイントサイトの友達紹介制度で稼ぎたいという狙いももちろんあるわけですが、新規のポイントサイト利用者をどんどん投入してポイントサイトを中心としたサイクルを回したいという思惑があるわけです。そうしないと、遠くないうちにポイントサイト自体が消滅してしまう可能性すらあるわけですから。

 

もう少し突っ込んで言うと、ほどほどに情弱な新規利用者を供給することが重要になるわけです。賢い人であれば、損失が出るリスクのある案件になど手を出すはずがありませんし、よくよく考えてみれば決して得ではないのかも、、、なんていう微妙な案件ですらしっかり避けて通るはずです。例えば、楽天市場で買い物をする際にポイントサイト経由でアクセスをすれば、購入金額の1%ポイントが貯まりますが、実際にはそんなことよりも、買おうとしているものが本当に必要なものなのか再考する方がよほど利益になったりなんかするわけです。

 

陸マイラーが今後もマイルを得続けるための方法


面白くない考察はこのくらいにしておいて、それでは最後に、我々がやるべきだと私が考えていることを書いて終わりたいと思います。

 

まず初めに、まだこなせる大型案件があるのなら全てこなすべきです。カードが増えるのは何となく嫌だからクレジットカード発行案件はちょっと、、、だとか、FXは何となく怖いからちょっと、、、なんて言っていてはもったいないです。クレジットカード発行案件は年会費に着目して本当に得かどうか考えれば良いだけですし、FX案件であればこなさなければならない取引量とスプレッドを確認すれば判断ができるはずです。

 

もうこなせる案件がない、、、となったら、あとはもう周囲の人を巻き込むしかありません。ポイントサイトの友達紹介制度を利用して登録をしてもらい、自身の経験から学んだことを伝えてガンガン案件をこなしてもらうのです。家族はもちろんのこと、親戚や友人を巻き込めば数年間は有償航空券を買わなくても済むのではないでしょうか。結局のところ、最終的にはこれが一番重要なことだと私は思っています。

 

あとはもう、景気が良くなることを祈るしかありませんね。経済的な余裕のない人が増えると、こういったお金が絡んだ話は何でもかんでもシビアになります。そうなると、上で書いた理由から悪循環に陥ってしまい、誰もハッピーにならない社会になってしまうわけです。

 

とまあ、今回は退屈な話を長々と書いてしまいましたが、陸マイラーをしていると経済というものの本質が見えてくるような気がして、なかなか面白いものですね。