とある飛行機好きの生活向上ブログ

中国在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANA SFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報などについて書いていきます。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

陸マイラーとは?

「陸マイラー」とは何か?

 

みなさんは「陸マイラー」と呼ばれる人たちがいることをご存知ですか?

 

陸マイラーとは?

 

私は数ヶ月前にこういった人たちがいることを知ったのですが、「陸マイラー」というのは一言で言えば、「飛行機に乗ることなく“陸”で航空会社のマイルをたくさん集めている人」たちのことです。特に日本人の場合、全日本空輸(ANA)のマイルを貯めるのが容易なため、陸マイラーと言った場合には陸でANAのマイルを貯めている人のことを指すケースが多く、以下もANAに関する内容となっています。

 

ANAのマイルを貯める最大のメリットは、特典航空券を発券してタダで飛行機旅行をすることができる点です。また、ANAのマイルは「SKYコイン」に交換することができ、SKYコインで購入した航空券を利用した際には「プレミアムポイント」が通常通り貯まりますから、それを利用して上級会員資格を得ることも可能(以下の記事を参照)になります。

 

sfcmiler.hatenablog.com

 

ですから、「陸マイラー」で検索して見つかるブログには、「タダで毎年ハワイ旅行!」とか「タダでSFC修行!」などという言葉が踊っているわけです。もっとも、現実的に考えれば、空港までの交通費や宿泊代等はかかりますから、もちろん厳密にタダでいけるわけではありません。しかしながら、一般的に旅行代において航空運賃が占める割合は大きいですから、もしその分が浮けば、ホテルや食事をグレードアップしたり、年に1回だった旅行を2回に増やしたりと、自由度は大きく広がるはずです。大量のマイルを貯めれば、例えば、毎月北海道や沖縄に遊びに行くこともできるわけですが、これはそんなに極端な例ではありません。

 

大量にANAマイルを獲得する方法

 

さて、では、どうやってそんなにまで大量のマイルを貯めるのか?

いろいろと方法はあるようですが、一番効率が良いと言われているのは以下の流れです。

 

  1. ポイントサイトである「ハピタス」もしくは「ちょびリッチ」でポイントを貯める。
  2. そのポイントをポイント交換サイトである「PeX」もしくは「.money(ドットマネー)」のポイントに交換する。
  3. そのポイントを「メトロポイント」に交換する。
  4. そのポイントを「ANAマイル」に交換する。

 

この手順に従えば、メトロポイントまでは(ほぼ)等価交換(PeXポイントから交換する場合のみ50円相当の手数料が必要)が可能で、メトロポイントは10:9の比率でANAのマイルに交換可能です。つまり、ざっくり言えば、ハピタスもしくはちょびリッチで例えば10,000円相当のポイントを貯めると、最終的に9,000マイルが手に入るわけです。

 

ここで賢い方であれば、「9,000マイルって10,000円よりも価値があるの?」なんて疑問に思うわけですが、例えば、獲得したANAマイルを国際線の特典航空券と交換するのであれば、どんなに悪い条件でも「1マイル=2円」の価値はあります。つまり、荒っぽく言えば、「9,000マイルは18,000円の価値」ということになります。ビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券にするのであれば、その価値は5万円にも10万円にもなります。これに関しては、話し出すときりがないので、興味のある方は以下の記事をご覧ください。

 

superflyer2015.hatenablog.com

 

なお、実際にポイントを貯めるポイントサイトして「ハピタス」と「ちょびリッチ」を挙げましたが、基本的にはやはり併用がベストだと思います。ほぼ同じ内容のポイント獲得案件であっても、獲得ポイントに差がある場合があるので、その場合は有利な方を選んで案件をこなせば良いかと思います。

 

具体的な手順なのですが、まずはポイントサイト、及びポイント交換サイトへの無料会員登録を済ませ、ハピタスやちょびリッチでポイント案件をこなし、ポイントを貯め、上述の流れに従って獲得したポイントをANAマイルに交換するだけです。ただ、一点注意すべきなのは、「メトロポイント」というのは「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」というクレジットカードのポイントなので、それを利用するためにはこのカードを発行する必要があります。発行後は使用せずにタンスの中に入れておくだけでも良いので、とりあえず発行だけは忘れずにする必要があります。

 

当記事だけでなるべく速やかに登録作業が済むよう、以下、登録が必要なサイトのリンクを貼っておきます。

 

「ハピタス」への無料会員登録はコチラから。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

「ちょびリッチ」への無料会員登録はコチラから。

 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

ポイント交換サイトへの無料会員登録は以下のリンクを参照してください。

 

ポイント交換のPeX

 

ドットマネー - 手数料無料で現金・ギフト券・ポイントにお得に交換

 

「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」への新規入会は以下のリンク先から申し込めます。

 

【ソラチカ】ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

 

以上、まあ少々面倒な気もしますが、この流れが最も効率よくANAマイルを貯めるためのベストな方法です。

ANAカードで普通に買い物をし続けるだけでは、なかなか何万マイルもは貯まらないわけですが、ハピタスやちょびリッチでポイントを貯めることに集中すれば、通常と比べて極めて速いペースでマイルを貯めることが可能になります。

 

ハピタスやちょびリッチの賢い使い方

 

では次に、具体的にハピタスやちょびリッチでどうやってポイントを貯めるかですが、会員登録をした上で、実際にサイトを見てみれば一目瞭然だと思います。

 

基本的には、サイト経由で新規にクレジットカードを作ったり、ネットバンクや証券会社の口座開設をしたり、無料の保険相談に申し込んだりするのが最も効率の良い方法です。一気に大量のポイントが手に入り、いくつかこなせば、ハワイ行きの特典航空券を手に入れるのに必要なマイルくらいは普通に貯まるはずです。

 

ただ、「クレジットカードの発行には抵抗がある」といった方もいるでしょう。そういった方は、日常のネットショッピングやホテル予約、航空券予約などをなるべくポイントサイト経由で行うようにすれば十分だと思います。ポイントサイトから楽天市場へのリンクをクリックして買い物をしたり、AgodaやBooking.com、エクスペディアなどリンクをクリックして予約をすることで、サイトに依りますが、1%〜3%くらいの比率でポイントを貯めることができます。このブログの読者の方たちの中には、旅行好きな方が多いでしょうから、毎回の予約をポイントサイト経由で行うことで自動的にポイントが貯まっていくわけです。ある程度貯まったら、上で書いた流れに従ってANAマイルに変換すれば良いわけです。そのマイルを原資にしてSFC修行をしたいということであれば、さらにSKYマイルに交換すれば良いですし、マイルで普通に特典航空券を予約して家族旅行等に行かれるのも良いと思います。

 

最後に

 

本当はこういったちまちました方法をとらなくて済むくらいの経済力があったらいいなあと思うわけですが、少しでも賢く生きていくための一手段にはなり得るのかなと思っています。

 

私は純粋にもっと海外旅行に行きたいと思っているので、マイルを貯めて国際線の特典航空券をゲットすることを目標に、これからコツコツ陸マイラーとして活動していく予定です。

 

ちなみに実は、特典航空券にあまり興味がない方にも大きなメリットがあります。ハピタスやちょびリッチで貯めたポイントは現金にも交換できるからです。やはり現金は何にでも使えますから、自由度がとにかく高いです。

 

近年広告ビジネスが複雑化して、最近こういった「ちょっと面倒だけどやらなきゃ損!」ってことが増えましたね。もっと簡単にドカッと大量のお金が入ってきたりなんかしたらいいのにな〜なんてつい思ってしまいますが、コツコツやっていった方が絶対に近道なんですよね。

 

私も現在、少しずつポイント獲得案件をこなし、ポイントを貯めているところなので、このブログのネタの一つとして、何か面白いことが起きましたら、また適宜ご報告させていただきたいと思っています。