とある飛行機好きの生活向上ブログ

台湾在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANA SFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報などについて書いていきます。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

アムウェイ(Amway)の勧誘を受けたので儲かりそうか前向きに真面目に考えてみた! 「ネットビジネス」と「ネットワークビジネス」の違いとは?

悪い人

 

私は普段、どんなことに関してもできる限り、「良い」か「悪い」かの判断は自分でしたいと思っています。特にお金や恋愛に関しては、人の言うことなんて本当に役に立ちません。自らの利益になるように相手を誘導しようとする人も多いので、注意が必要です。

 

アムウェイの勧誘を受けてみた


みなさん、「アムウェイ(Amway)」って知ってますか?
このブログで宣伝するつもりはないので、興味のある方は適宜調べていただけたらと思うのですが、一言で言えば「マルチ商法で有名な日用品メーカー」です。
要は、商品の顧客(ユーザー)の中で希望した人に小売り業務を委託するタイプの販売方法です。小売りによって儲けることもできるし、新たな小売り業務担当の人材(ディストリビューター)を見つけることによっても報酬を得ることができます。口コミみたいな感じで、人経由で商品が広まっていくわけです。直接商品を売るよりも、新規ディストリビューターを発掘した方が儲かるから、アムウェイをやっている人はいつも「ディストリビューター探し」に奔走しているのです。

先日、台北市内某所のバーで飲んでいたところ、「もしかして日本人ですか?」と、40歳くらいのごくごく普通な見た目の日本人男性から話しかけられました。
たまにそういったことはあるので特に何とも思わなかったのですが、話が進むにつれて、どうやらその人はアムウェイで生計を立てていて、台湾の日本人街に日本人を勧誘しにやってきたのだということがわかりました。他にも、香港やタイにも足を運んでいるそうです。
その方はけっこう酔っていて、あまりしつこい感じでもなかったのでいろいろと説明を聞いたところ、「とりあえずこれを見てみてください」と言われ、一枚のDVDを渡されました。その日は連絡先を交換して別れたのですが、その方から「いかに自分がアムウェイのおかげでリッチになったか」について散々聞かされたので、つい気になってしまい、後日そのDVDを見てみたのです。

そのDVDの内容は、「ジョーさん」という方によるアムウェイのシステムの説明でした。
私は小学校だったか中学校だったか忘れましたが、学校で「マルチ商法は違法だよ」といったようなことを習った程度の知識しかありませんでしたから、なかなか勉強になりました。ビジネスモデルとしては秀逸だと思います。もちろん違法なものではありませんし、犯罪だったらそんな会社とっくに潰れているでしょう。
ただ、私はやろうとは思いません。なぜなら、絶対に儲からないと思うからです。

 

なぜアムウェイをやると余計に貧しくなるのか?


結論から言えば、「今からやるには遅過ぎる」からです。
上にも書きましたが、ビジネスモデルとしては本当によくできていますし、実際に初期の頃にやっていた連中は大きな富を築いています。ただ、これは「早く始めるほど儲かる」ようにできているのです。私がこれから始めるとしたら、必ず現役ディストリビューターのうちの誰かの下につくことになるわけで、基本的に私はその人を超えられないのです。だから、ディストリビューターの総数が少なく、得られる駒がたくさんあるうちは勝機があるけれど、少ないパイを奪い合っているような現状で始めたところで、もう利益を上げるための源流がそもそも存在しないのです。売り子だらけで買い手が見つからず、みんな疲弊しているのでしょう。

あとは、やはり手法が古過ぎるのだと思います。
インターネットがまだあまり普及していない頃であれば、「質の高い日用品」を売るのは簡単だったのではないでしょうか。だからあんなに巨大な組織に成長したのでしょう。しかしながら、現在の世の中は既に大きく変わりました。Googleで検索すれば、「アムウェイ被害の真実」、「アムウェイ被害者の会」、「アムウェイ被害にあわない為のまとめ」などなど、いろんなページが湧いて出てきます。こんな状況で商品が売れるはずがないのです。

商品の質は実際のところ高いらしいのです。
では何が問題なのでしょうか?
ディストリビューターたちが嘘をつき過ぎたことです。
私が先日会った方は、「アムウェイのおかげで経済的にかなり余裕ができた」、「一歩踏み出して、豊かな生活を手に入れるべきですよ!」なんて言っていたけれど、彼の服も靴も時計も財布もたいした品ではなかったし、「台湾までの航空券ってこんなに安いんですね!」なんて言っていたし、、、とてもお金持ちには見えませんでした。
こういうビジネスをやる場合、「余裕」をまずはっきりと見せる必要があるのです。ですから、上手くいかなかった場合、ただの「自爆」になってしまうわけです。
その方は、脱サラしてアムウェイ専業で生計を立てているそうですが、幼い子供が二人もいるようですし、私は見ていてとにかく不憫に思えて仕方がなかったです。

あなたは、誰かの「養分」になっていませんか?
「ゼロサムゲーム」ってけっこうたくさんあるんですよ。

 

「ネットビジネス」と「ネットワークビジネス」の違いとは?


言葉をどう定義するかは人それぞれだと思いますが、「ネットビジネス」と「ネットワークビジネス」、この二つの表現をみなさんは使い分けていますか?

前者の「ネット」は一般的に「インターネット」を意味していて、後者の「ネットワーク」は「人と人とのつながり」を意味しているのだと私は理解していますが、合っていますでしょうか?
この理解が正しければ、アムウェイというのは典型的なネットワークビジネスなのだと思います。

私はTwitter(@superflyer2015)をやっているのですが、フォロワーを増やしたいと思って「相互フォロー」アカウントをたくさんフォローしたところ、「ネットビジネスやってます」みたいな方がたくさんフォローしてくれました。
でも、よくよく話を聞いてみると、どうも彼らがやっているのはネットビジネスではなくてネットワークビジネスなんですよね、、、言ってみれば、本質的にはインターネットなんて関係ないのです。だから自称「ネットビジネスマン」たちは、常に人を求めてネットの世界を彷徨っているのです。
アムウェイはもう古いと書きましたが、そのビジネスモデルそのものは、最近ネットの世界で広がっているネットワークビジネスの中に生きているような気がします。

私は気になると特定の個人にDMして話を聞いたりもするのですが、大学生がツイッターを利用した出会い系サイトへの誘導で月20万円儲けているなんて話を聞くと、本当に心底悲しくなります、、、

そんなことしてひと月で稼いだ金と、時給1,000円のバイトを数ヶ月かけて200時間やって稼いだ金と、価値は同じなんですよね、、、

お金がなくて進学を諦める人も少なくないし、最近問題になっている「ブラックバイト」でボロボロになっている学生もいるわけだけれど、そういった人たちは単に「無能」ということなのでしょうか?

こんな世の中、嫌だな。。。

 


ということで、最後にもう一度書いておきます。

あなたは、誰かの「養分」になっていませんか?

 

いろんなところにビジネスチャンスはあるけれど、「人に言えないような仕事」とか、「直接的であれ間接的であれ、誰かを傷つける可能性のある仕事」とか、そういうのは私は好きになれません。私もお金が大好きだし、いつだって渇望しているけれど、そういうのに手を出したら、きっと私には価値がなくなるんだろうなと思っています。