とある飛行機好きの生活向上ブログ

ごく平凡なサラリーマンが綴る飛行機ブログ。飛行機や旅行、空港ラウンジ、クレジットカード、陸マイラー情報などについて自由気ままに発信していきます。ご連絡はTwitter(@superflyer2015)経由でお願いします。

スポンサードリンク

(Coincheck)仮想通貨取引を始めたら購入した通貨が盗まれました

f:id:superflyer2015:20180127214025j:plain


私のネムも盗まれました。

 

仮想通貨取引始めました


いきなりですが、仮想通貨取引を始めました。

 

私はただの社畜ですから、当ブログのタイトルからも分かる通り、常々生活向上に向けて策を練ってきました。

 

これまで結構いろんなものに手を出してきました。例えば、以下のようなものです。

 

  • 宝くじ
  • パチンコ
  • 競馬
  • 株式取引
  • 投資信託
  • FX(外国為替証拠金取引)
  • ポイントサイト
  • ブログ収益化

 

しかしながら、これらは全て失敗に終わりました。
サラリーマンをやりながら片手間に取り組んでいましたから、やはりしっかりと勉強した人には敵わないんですよね。

 

しかしそんな中、昨年の終わり頃、「仮想通貨」というものの存在を知りまして、少し調べてみたところ、「とんでもないことが起きているようだ!」ということがわかりました。この技術により、世界経済に大きな変化が起こる可能性が高いと感じたのです。
私の興味は上に挙げたものから仮想通貨へと一気にシフトしました。

 

ただ勉強するだけではなく、もちろん投資対象としても興味を持ちましたから、年末には日本の仮想通貨取引所に口座を開設し、本人確認が完了した年明けから実際に仮想通貨の購入を始めました。

 

その過程で学んだことをせっかくですから、こちらのブログで紹介しようと思い、ここ数日間記事の構想を練っていたところ、、、昨日、某取引所から不穏な電子メールが届いたのです。

 

仮想通貨が盗まれました


詳細をご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、ざっと説明したいと思います。

 

日本には仮想通貨の取引所が幾つもあるわけですが、その中でも特に人気のある「Coincheck(コインチェック)」が2018年1月26日、外部からのハッキング被害に遭い、580億円相当の「ネム(NEM、単位はXEM)」という仮想通貨が盗まれてしまいました。これは顧客がこの会社に預けていたネムのほぼ全てだそうです。

 

詳しくない方向けにざっくり説明すると、仮想通貨というのは「ウォレット(財布)」と呼ばれる電子的な金庫のようなものの中に格納されています。そして、Coincheckという会社は、ネムに関しては一つのウォレット、つまりは一つの金庫で管理していて、その鍵はたった一つだけだったのです。さらに、そのウォレットをインターネットに接続した状態で顧客の資産を管理していたため、結構簡単に盗まれてしまったということのようです。要は、コインを全然チェックしていなかったわけです。

 

そして、実は私もCoincheckにネムを預けていました。もちろん私のネムも現在はハッカーの手の中にあるわけで、戻ってくるかどうかはわかりません。というか、常識的に考えたらまず戻ってはこないはずです。

 

この件に関しては、昨日Coincheckから「ネムの入金を制限」する旨電子メールが届き、不安になり情報収集をして知りました。その後、全通貨の入出金が停止され、現在も預けてある資産を一切動かすことのできない状況が続いています。

 

ということで、この会社に預けてある私の資産がいったい今後どうなるのかは現時点ではわかりません。13通貨取り扱っているうちの一つが丸々盗まれただけですから、「顧客全員で痛み分け」となれば、多分9割くらいの資産は戻ってくるのでは、、、というのが私の希望的憶測ですが、どうでしょうかね。

 

自衛の方法はあった


現代の世はIT社会ですから、ハッカーからの攻撃など日常的にあるに決まっているわけで、会社側の雑な資産管理、セキュリティー意識の低さが原因であることは言うまでもありません。

 

ただ、会社だけを責めることも実はできません。仮想通貨に関して言えば、自衛の手段などいくらでも存在するのです。今回のケースであれば、「ソフトウェアウォレット」や「ハードウェアウォレット」といったような「個人の財布」に通貨を移動させておけば良かっただけの話なのです。これらのウォレットはインターネットから切り離して保管が可能ですから、ハッキングのリスクは基本的に存在しません。私も「移動させなきゃ」とは思っていたのですが、なんとなく面倒に感じてしまい、取引所に預けたまま放置していただけです。これに関しては明らかに自分に落ち度がありますから、凹むと同時に反省しています。

 

これ以上書いても詳しくない方にはわからないと思うので、今回はこれくらいにしておきますが、当ブログにおける仮想通貨関係の記事の第一弾がこんな内容になるとは、本当に夢にも思っていませんでした。まずは仮想通貨の購入方法について書こうと思っていたのですが、それどころではなくなってしまいましたから。

 

ただ、一つだけ今回ここにはっきりと書いておきたいのは、今回の事件に関して、仮想通貨が悪いわけではないということです。仮想通貨の根底にある「ブロックチェーン」という技術は全く新しいプラットフォームであり、将来的に社会インフラのような存在になることが期待されるものです。現在はまさにその黎明期であり、これから成長していく分野です。なので、仮想通貨の価値は今後も確実に増していくと思うのですが、保有する場合は現金同様、自ら責任を持って管理することがやはり最も重要になるわけです。今回の事件により、今後取引所のセキュリティーはより強固なものになるとは思いますが、自分自身の防衛意識はやはり常に必要になります。

 

ということで、「自分が保有する仮想通貨を安全に保管する方法」等も含め、今後当ブログでもゆっくりまったり扱っていこうかなと考えています。今では当たり前のスマートフォンだって、10年くらい前に初めて世に出てきたわけで、10年後は仮想通貨の存在も「当たり前」になっていることと思います。ですから、必ずしも投資をする必要はないので、全ての人が関心を持ち、ちょっとずつでも学んでおくことには意味があるのではないでしょうか。

 

そんなわけで、当ブログはこれまで通り、旅行関係の記事や飛行機の搭乗レポートを中心にしつつ、今後は仮想通貨投資に関しても扱うことにしたいと思います。投資に興味のない方は、「現代人に必要な新教養」の一環と思ってお付き合いいただけたら嬉しいです。

 

それでは、盗まれた私のネムが少しでは早く戻ってくることを願いつつ(涙)、今回は筆を置きたいと思います。

 

昨日今日は本当にこの件で慌ただしくて、なんかもうネムいです、、、