とある飛行機好きの生活向上ブログ

ごく平凡なサラリーマンが綴る飛行機ブログ。飛行機や旅行、空港ラウンジ、クレジットカード、陸マイラー情報などについて自由気ままに発信していきます。ご連絡はTwitter(@superflyer2015)経由でお願いします。

スポンサードリンク

中部国際空港(セントレア)にある大韓航空(Korean Air)の「KAL Lounge」

名古屋にある中部国際空港(通称 セントレア)にある大韓航空(Korean Air、コリアン・エアー)の「KAL Lounge」を利用する機会がありましたので、当記事にてご紹介したいと思います。

 

名古屋


先日、名古屋で用事があり、数日間現地に滞在しました。
名古屋は日本のほぼ中心にある都市ではありますが、個人的にはこれまであまり縁がなく、物珍しさに毎晩栄駅周辺を徘徊したりしてなかなか退屈しない時間を過ごすことができました。

 

あくまで栄駅周辺での話ではありますが、とにかく驚いたのは、「夜のお店(キャバクラ?)のキャッチの多さ」と「中国人観光客の多さ」です。

 

夜間、あの辺りを歩いているとかなりの頻度でスーツ姿のお兄さんに声をかけられます。

 

「何か、お探しですか?」

 

「転職先を探しています」と答えたい気持ちを我慢して無視して歩いていると、、、

 

小声で、、、「おっぱいですか?」

 

ジェントルマンスマイルでクールに「ええ」と頷きたい気持ちを押し殺し、颯爽と歩き去る私。善良な大人でいるのも本当に骨が折れます。

 

何番出口だったか忘れましたが、栄駅の地下鉄の出口のすぐ目の前にドンキホーテがあります。そこはもう完全に中国でした。中国語しか聞こえてはこないし、店員も中国人。UnionPayのクレジットカードが使えるだけでなく、中国で一般的なスマホ決済まで利用可能。日本はこうやってごく自然な形で中国化していくのだなと、、、

 

兎にも角にも、日本では地方都市の衰退が激しいですね。現地企業の方とも今回じっくりコミュニケーションを取りましたが、東京では景気がいいのに地方ではかなり悪いという話を聞きました。

 

心臓をやられたら一発で終わりですが、四肢が腐ったら身動きが取れなくなりますからね。これは本当に深刻な事態だと思います。

 

そんな複雑な思いを胸に、修羅の国チャイナに戻るべくセントレアへと向かいました。

 

KAL Lounge


やはり日本の国際空港と言えば成田、羽田、関空ですから、よく海外に行かれる方であっても中部国際空港は利用したことがないという人は少なくないのではないでしょうか。

 

しかしながら、個人的にはセントレアが結構好きです。小さな空港ではありますが、全体的にきれいに保たれていて好感が持てるのです。羽田の国際線ターミナルの質が高過ぎるだけかもしれませんが、関空なんかはお手洗いも相対的にちょっと小汚い感じがして個人的には苦手だったりするので。

 

ということでやってきましたセントレア。

 

f:id:superflyer2015:20180909163138p:plain

 

今回は大韓航空(通称 ナッツ・エアー)の便にて、ソウル(仁川)経由で北京へと戻ります。リターンする可能性があることで有名な航空会社ではありますが、デルタ航空とアメックスの提携クレカの仕様が大改悪された件に絡み、デルタ航空のマイルを消費してしまいたかったため止むを得ずの利用でした。同じスカイチームメンバーの中国東方航空が北京までは直行便を飛ばしているのですが、この日は大韓航空の便にしか特典航空券の枠に空きがなかったのです。

 

sfcmiler.hatenablog.com

 

sfcmiler.hatenablog.com

 

sfcmiler.hatenablog.com

 

 

サクッとチェックインを済ませ、大韓航空のラウンジ「KAL Lounge」へと向かいます。

 

ラウンジの場所ですが、出国審査を済ませて制限エリアへ入ると案内板と共にラウンジ階に降りるためのエレベーターが見つかるはずです。これで下の階に降りればすぐにラウンジの入り口が見つかります。この辺りの動線はシンプルで非常に便利です。

 

f:id:superflyer2015:20180909163317p:plain

 
このエレベーターの左側には階段もあり、徒歩で下に降りることもできます。

 

f:id:superflyer2015:20180909163341p:plain

 
こちらが大韓航空のラウンジ「KAL Lounge」の入り口。

 

f:id:superflyer2015:20180909163400p:plain

 

中ははっきり言ってかなり狭いです。下の写真と同じくらいの広さのスペースがもう一箇所あって終わりといった感じ。

 

f:id:superflyer2015:20180909163426p:plain

 

狭いには狭いものの、この日は空席が多く特に不満は感じませんでした。

飲食物に関しては以下のような感じ。

 

f:id:superflyer2015:20180909163452p:plain

 
ホットミールはなく、ちょっとしたお菓子、サンドウィッチ、個別包装のおにぎり、カップ麺がありました。飲み物に関しても決して種類は多くはありませんが、プレミアムモルツ(黒もあり)のサーバーがありますし、なぜかレミーマルタンのXOがあり驚きました。これ、買うと1万円以上する高級ブランデー(コニャック)ですからね、、、

 

f:id:superflyer2015:20180909163519p:plain

 

この日は非常にお腹が空いていたので、結構がっつり食べてしまいました。

 

f:id:superflyer2015:20180909163545p:plain

 

炭水化物&炭水化物&炭水化物ということで、ダイエット中の女性なんかが見たら悲鳴をあげそうな内容ですが、サンドウィッチにかぶりついてはビールで胃に流し込み、インスタントうどんのスープを味わう、なかなか素敵な時間でした。普段よく食べる中国でポピュラーな麺料理である牛肉麺なんかよりもこういうチープな日本のカップ麺の方が100倍美味しいです。

 

調子に乗ってツナマヨおにぎりにも手を出し、さらにセカンドラウンドへ。

 

f:id:superflyer2015:20180909163614p:plain

 

プレモルの黒、いいですね〜!
こんなのが飲み放題なわけですから航空会社の上級会員はやめられません。

 

たらふく食べて満足した後はマッサージ機を利用してみました。

 

f:id:superflyer2015:20180909163639p:plain

 

1台しかないので誰かが使っていたら諦めるしかありませんが、個室になっていてプライベート感もありなかなか良かったです。

 

総評


ということで以上、中部国際空港にある大韓航空の「KAL Lounge」の紹介でした。

 

狭いスペースに設置された小規模ラウンジではありますが、美味しいビールや高級ブランデーを楽しむことができますし、海外に出る前に日本のカップ麺を食べる独特な時間というのは案外悪くないものです。また、館内で利用可能な無料Wi-Fiは非常に高速でしたから、搭乗時刻まで仕事をしたいビジネスパーソンにも十分な場所であると言えるかと思います。

 

強いて言えば、窓がないので飛行機を見ながらビール、、、というわけにはいかない点かなと。まあでも、とにかくビールが美味しかったので個人的には満足できました(笑)

 

ちなみに、私が利用した搭乗ゲートは、こちらのラウンジを出てエレベーターで上に上がったすぐ隣でしたから、この日は制限エリアに入って以降ほとんど歩く必要がありませんでした。どうやら私を太らせたい闇の勢力の力が働いているようです。