とある飛行機好きの生活向上ブログ

ごく平凡なサラリーマンが綴る飛行機ブログ。飛行機や旅行、空港ラウンジ、クレジットカード、陸マイラー情報などについて自由気ままに発信していきます。ご連絡はTwitter(@superflyer2015)経由でお願いします。

スポンサードリンク

フランスのシャルル・ド・ゴール空港からパリ市街地への行き方

今回は、フランスにある「シャルル・ド・ゴール空港(Aéroport de Paris-Charles-de-Gaulle)」からパリの市街地への移動方法をご紹介したいと思います。

 

シャルル・ド・ゴール空港


ヨーロッパの主要都市と言って真っ先に名前が挙がるのはやはりロンドン、パリ、ローマ、ミュンヘン、フランクフルトあたりかと思いますが、今回はパリについてです。日本人女性の中にはファンも多い、言わずと知れたヨーロッパ地域におけるファッションの中心地ですね。街並みも美しいですし、誰でも名前を聞いたことがあるような観光名所がいくつもあるので、「海外旅行に来た感」が強烈に味わえる場所と言えるかと思います。

 

そんなパリなのですが、空の玄関口である空港で合計で4つもあります。

 

  • シャルル・ド・ゴール空港
  • オルリー空港
  • ボーヴェ空港
  • ル・ブルジェ空港

 

パリから国内線利用もしくはヨーロッパ地域の他の国に移動する際にはオルリー空港を使用する場合もそれなりにありますが、日本から直行便を利用する場合の到着地はシャルル・ド・ゴール空港ですから、今回はこちらの空港に的を絞ってご紹介することにします。

 

まず、空港名なのですが、日本語では「シャルル・ド・ゴール」と書くものの、フランス語の発音的には「シャルデゴー(ル)」に近く、最後の「ル」は非常に弱く発音すると良いかと思います。

 

日本からはいくつも直行便が出ていて、基本的には航空連合(アライアンス)で決める感じになるかと思います。

 

  • スターアライアンス -> 全日本空輸(ANA)
  • ワンワールド -> 日本航空(JAL)
  • スカイチーム -> エールフランス

 

ANAやJALの長距離便が快適なのは言うまでもありませんが、エールフランスも質が高いと評判のエアラインの一つです。

 

なお、こちらの空港はパリ市街地の北東方向に20kmほど離れた場所に位置しています。

 

f:id:superflyer2015:20180721222040p:plain


ターミナルは第1〜第3まであり、無料のシャトルトレインで簡単に行き来することができます。

 

f:id:superflyer2015:20180721222132p:plain

 

ただ、長距離便の離発着は基本的に第2ターミナルなので、第2しか利用したことがないという人がほとんどだと思います。ちなみに、第2ターミナルはかなり広く、2A、2B、2C、2D、2E、2F、2Gとアルファベットが併記されエリアが分けられています。日本からの直行便の場合、基本的には2Eか2Fを利用することになるかとは思いますが、兎にも角にも、利用の際にはしっかりアルファベットまで確認することが重要です。

 

f:id:superflyer2015:20180721222244p:plain

 

空港内には特にこれといった特徴はありませんが、制限エリア内に赤い絨毯が敷いてあったりしてちょっとお洒落だったりはします。

 

空港からパリ市街地へ


空港に着いたらほとんどの方はパリの市街地へ移動することになるかと思います。
空港の第2ターミナルにはTGVとRERのB線の駅が直結していて、さらに高速バスを利用することもできるのですが、基本的にはRERのB線を利用するのが最もスタンダードだと思います。どの列車に乗っても主要駅であるパリ北駅(Gare du Nord)まで行くことができ、所要時間は約30分です。

 

RERのB線の利用方法ですが、改札があるエリアに自動券売機があるので、それで紙ベースの切符を購入し改札を抜けて乗車するだけです。パリ北駅までは片道10.3ユーロ(約1,350円)。往復分まとめて買うこともできますし、券売機ではクレジットカードも使えます。

 

f:id:superflyer2015:20180721222350p:plain

 

成田空港から東京都心まで約1時間かかることを考えると、パリ市街地まではその半分程度ですから楽ですね。パリ北駅は結構大きいので、どこから外に出ればよいのか少し迷うかもしれませんが、基本的には南側の出口から出れば大丈夫だと思います。

 

f:id:superflyer2015:20180721222424p:plain

 

この駅、外観が立派なのでインスタ映えしそうな気がします。上の写真だとわかりにくいのですが、天辺にフランスの国旗も掲げられていますしね。

 

観光


パリ北駅に着いたら、あとは各々観光プランに応じて行動することになるのかと思いますが、ノープランの場合は、この駅からルーブル美術館辺りまで徒歩で移動してみるのも悪くないかと思います。私がスタスタ歩いて30分くらいですから、普通の方が普通に歩くと美術館まで40分くらいでしょうか。街並みがお洒落ですから全く飽きずに散歩を楽しめるかと思います。

 

f:id:superflyer2015:20180721222525p:plain

 

ちなみに、途中の道沿いにはカフェやバーがたくさんあります。カフェと言っても、日本にあるような喫茶店とは違い、ワインやビール等のアルコール飲料も楽しめますし、ステーキやハンバーガー等のメニューがあるお店も多いです。夏の真昼間にテラス席で飲むキンキンに冷えたビールは最高に美味です。

 

ルーブル美術館までの道のりは決して複雑ではありませんが、最近は日本にいてもAmazon等で簡単に海外で使えるプリペイドSIMカード(後日別記事にて紹介予定)が手に入りますから、普通にスマホでGoogleマップでも見ながら向かうのがベストかなと思います。

 

f:id:superflyer2015:20180721222618p:plain

 

f:id:superflyer2015:20180721222657p:plain

 

f:id:superflyer2015:20180721222731p:plain

 

美術館の入り口前は広場になっているのですが開放感があってなかなかいい感じですから、パリを訪れた際には足を運んでみることをお勧めします。

 

まとめ


ということで以上、今回はフランスの空の玄関口であるシャルル・ド・ゴール空港からパリ市街地への行き方についてご紹介させていただきました。

 

市街地まではRERのB線で約30分ということで、よくデザインされた空港だなというのが個人的な感想です。

 

パリは街並みがお洒落ですし、旅行気分を盛り上げてくれる素敵な飲食店も非常に多く、良い意味で「我々日本人がイメージするフランス」がそこにはある気がします。日本からの直行便も多く便利なので、陸マイラー活動によってマイルを貯め、日系エアライン利用の優雅な旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

最後に私からのちょっとしたアドバイスですが、パリを訪れる際には少し気合を入れてお洒落を楽しむと良いのではないでしょうか。日本では「ちょっと派手かも、、、」なんて思う服であっても、きっとパリの街には馴染むはずです。そういうのももしかしたら海外旅行の醍醐味なのかも、私は現地でそんなことを思いました。