とある飛行機好きの生活向上ブログ

中国在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANA SFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報などについて書いていきます。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

ベトナムのハノイで楽しむ散歩とグルメ

今回は、ベトナム旅行中に訪れたハノイの街並みやグルメについてご紹介してみたいと思います。

 

ホアンキエム湖周辺を散策


今回ハノイでは、「ホアンキエム湖」という湖の近くにあるホテルに滞在しました。

 

sfcmiler.hatenablog.com


ホテルにチェックインして部屋に荷物を置いた後、外に出て湖を見に行くことにしました。

湖の東側からスタートしてぐるっと一周してみたのですが、ざっくり言えば、東側と南側は道路も建築物もお洒落で綺麗、西側は狭い道が入り組んだごちゃごちゃした商業エリア、北側は外国人が集まる飲み屋街になっているようです。

東側はこんな感じ。

 

ベトナムのハノイ観光


ホアンキエム湖周辺にはベンチがあったりして、のんびりと散歩をしに来るにはいい感じです。ただ、やはりとにかく暑いので、日傘なりサングラスなりは絶対に持ってきた方がいいですね。あくまで夏季に訪れる場合の話ではありますが。

 

ベトナムのハノイ観光

 

ベトナムのハノイ観光

 

ベトナムのハノイ観光

 

ベトナムのハノイ観光


湖の西側から北側にかけてはまさに商業エリアといった感じで、お店が立ち並び、道幅の狭い道路にはたくさんのバイクが走っています。これぞ東南アジアといった感じですね。

 

ベトナムのハノイ観光

 

ベトナムのハノイ観光

 

ベトナムのハノイ観光

 

ベトナムのハノイ観光


ごちゃごちゃしてはいますが、ちょっとしたお土産屋さんみたいなのも多いし、白人観光客がその辺にたくさん歩いていたりして、賑やかで楽しいです。韓国人の女の子のグループなんかも目にしました。韓国の若い女の子のメイクは特徴的なので、見ればすぐにわかりますね。

あとは、歩いているとバイクに跨った地元の人から頻繁に「どこに行くの? 乗せていくよ?」なんて話しかけられます。私も今回、二度ほど乗せてもらいましたが、「いくら渡せばいいの?」と聞いたところ、まだ10代だと思われる男の子からは「2ドルでいいよ」と言われ、30代くらいの女性からは、「あなたに任せるわ」と言われました。ただ、その女性はそう言った後にすかさず、「私、日本のことが大好きだから、日本のお札をもらえたら思い出になって嬉しいな」なんて言ってきました、、、連中は強引なことはしてこないので、そんなにビビる必要はありませんが、まあその都度自分でよく考えて判断することが大事ですね。

 

レストラン「Green Mango」


夕食をどこで摂ろうかなと思い、ホテルでもらった地図を確認してみたところ、近くに「Green Mango」という名前のレストランがあることがわかり、行ってみることに。ちょっと調べたところ、この辺りではかなり有名なお店のようです。上にリンクを貼った前回の記事中に貼ってある地図にも場所が載っています。ホアンキエム湖の北西です。

 

ベトナムのハノイ観光


とてもお洒落な内装のレストランで、お客さんは白人を中心とした外国人ばかりでした。

メニューを見てみたところ、どうやら多国籍料理のお店のようで、ピザやパスタなんかの洋食も多かったです。正直なところ、ローカルフードが食べたかったので、軽く残念な気持ちに、、、まあでも、せっかく入ったのだからということで、結構いろいろと食べてしまいました。味はまあ普通に美味しかったです。特筆すべきことが見当たらないので、以下ざっと写真だけご覧いただけたらと思います。

 

ベトナムのハノイ観光

 

ベトナムのハノイ観光

 

ベトナムのハノイ観光

 

ベトナムのハノイ観光

 

ベトナムのハノイ観光


「あえてベトナムまで来て食べなくても、、、」といった感じですよね。とりあえず、「お勧めしませんよ」と言いたくて今これを書いています。あなたが現地でホテルのスタッフさんにお勧めを聞いた場合、この店を勧められる可能性は高いでしょうから。

 

夜の街へ


なんだかんだ言って、レストランで結構がっつり飲み食いしてしまったのですが、もちろん夜はまだまだ終わりません。ここからが本当のお酒の時間です。

外国人向けの飲み屋が立ち並ぶホアンキエム湖の北側に足を運ぶと、こんな感じでした。

 

ベトナムのハノイ観光


この正面にある細い道沿いに居酒屋やラウンジが並んでいます。

 

ベトナムのハノイ観光


多くのお店は、店内のスペースが狭いため、軒先にプラスチック製の椅子を並べ、みんなそこに道路の方を向いて座って飲み食いする感じです。背の低いショボい椅子なので、座り心地は決して良くないけれど、「ザ・東南アジア」なこの雰囲気は本当に最高です。気取らずとことんリラックスして、日本の缶ジュース並の価格のビールをひたすら胃に流し込む。その辺では白人がビール片手に騒いでいたりして、エリア一帯が幸福な雰囲気に包まれていました。

残念ながら、お酒も入っていたためこれ以上の写真はないのですが、二軒くらいはしごして、とにかく私はずっと飲んでいました。フラフラになったところで、ヨロヨロとした足取りでホテルへ。道中で前述の男の子に声をかけられたので、バイクで送ってもらうことに。「可愛い女の子たちから選ぶことができて、100ドルで何でもできる場所があるよ!」なんて誘われましたが、私はその手のビジネスが大嫌いなのでもちろん断りました。ただ、その男の子は勧誘しつつも最短距離でスムーズに送ってくれましたから、2ドル請求されたところを5ドル程度払っておきました。私は、日本が今後もずっと大国であって欲しいなと、切に願っています。

ということで、私のベトナム旅行最終日の夜はこうして幕を閉じました。次回のエントリーでは、ハノイの空港にある航空会社ラウンジのレポートをお送りしたいと思っています。