とある飛行機好きの生活向上ブログ

台湾在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANA SFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報などについて書いていきます。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

(シンガポール旅行のまとめ)綺麗な街並み、美味しい料理に質の高いホテル。物価は高いけれど魅力に溢れた国「シンガポール」

シンガポール旅行


数回に渡ってシンガポール旅行のハイライトをご紹介させていただきましたが、こちらの記事でそれらのまとめをしておこうと思います。

まだ訪れたことはないけれど近々行ってみたい!なんて方の参考に少しでもなれば嬉しいなと。

 

シンガポール旅行のまとめ


今回の旅の出発地点は私が暮らす台湾の台北。

2017年3月に開業したばかりの「桃園メトロ(MRT)空港線」にて台北駅から台湾桃園国際空港まで移動し、エバー航空のB777-300ERでシンガポールのチャンギ国際空港に向かいました。

 

sfcmiler.hatenablog.com

空港到着後はATMで現地通貨であるシンガポールドルを引き出し、プリペイドSIMカードを購入しました。データ通信の容量が多い割に安価なので非常に便利です。

 

sfcmiler.hatenablog.com

SIMカードの動作を確認した後は、タクシーでセントーサ島内にあるホテルに移動しました。入島時にゲートでホテル予約のバウチャーを見せる必要があるので、事前にこのことを頭に入れておくと安心かもしれません。

 

sfcmiler.hatenablog.com

今回の旅では「リゾーツ ワールド セントーサ(Resorts World Sentosa)」という複合リゾート内にある「エクアリウス ホテル(Equarius Hotel)」に滞在しました。部屋もサービスもしっかりしていて十分満足できましたから、ここなら自信を持って皆さんにもオススメできるかなと。

 

sfcmiler.hatenablog.com

 


ホテルの部屋で一息ついた後は、もちろん観光です。まずはセントーサ島内から。小さな島ではあるのですが、レジャーに特化した島ということで見所が多く、党内だけでも十分楽しめるなと思いました。

 

sfcmiler.hatenablog.com


もちろんマリーナベイエリアにも行ってきました。超有名ホテルである「マリーナベイサンズ」の展望デッキからの景色は非常に良かったし、近年話題の植物園施設である「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)」の充実っぷりには驚きました。やはり一度は必ず訪れるべき観光スポットですね!

 

sfcmiler.hatenablog.com


楽しい時間はあっという間に過ぎ、ホテルのチェックアウト後はタクシーでチャンギ空港へ。シンガポール航空の「KRISFLYER GOLD LOUNGE(クリスフライヤーゴールドラウンジ)」でまったりし、往路同様エバー航空のB777-300ERで桃園空港へと戻りました。

 

sfcmiler.hatenablog.com

 

旅の感想


今回のシンガポール旅行全体の感想なのですが、はっきり言ってものすごく良かったです。間違いなく、そう遠くないうちに再訪します。

具体的に何がそんなに良いのか?という話になるわけですが、やはり街並みの綺麗さとインフラの質の高さが素晴らしいです。私が暮らす台北も大都市ですが、古い建物がまだまだすごく多くて、あまり洗練された感じがありません。もちろん「それがいいんだよ!」なんていう方もいるとは思いますが。「都市っぽさ」に関して言えば、香港がすぐ頭に浮かびますが、香港は道が狭かったりしてごちゃごちゃした感じがありますから、その辺に関してはシンガポールの方が明らかに優れています。シンガポールは非常に小さな国ですが、道幅は広く、高層ビルが立ち並ぶものの、空間設計が非常に高いレベルでなされているような気がします。要は、いい感じに「開けた空間」が確保されているんですよね。

あとは、外国人がとても多く訪れる国ですから、インターナショナルな雰囲気が気持ち良いです。英語が公用語ですから、日本人的にも旅行のハードルが低いです。

また、家族連れの外国人旅行客が非常に多いなと感じました。治安が良好な点が大きいのかなと思いますが、子供が多い空間というのはやはり平和な感じがしていいですね。もちろん、高級レストランやバー等の大人のための空間もしっかり確保されていますから、カップルでの旅行なんかにも向いていると思います。

ただ、嬉しくないこともないわけではありません。物価はとにかく本当に高いです。まともなホテルに泊まってお酒を飲みながら美味しいものを食べようと思ったら、東京並み、つまり世界最高レベルにお金がかかるかと思います。台北とは次元が違うなと感じました。実は、出稼ぎ労働者も多く、安宿なんかも少なくなかったりはするようなのですが、貧乏旅行をするのならもっと適した国が他にいくらでもあるような気がします。言うなれば、金を持ってこないと楽しめない国なのかなと。

私は自分が長年暮らした東京が大好きですが、母国を除けば、現時点ではシンガポールが最も魅力的な国に思えます。次に香港で、その次が台湾かなと。欧米好きな日本人は非常に多いわけですが、私は正直なところそこまで魅力を感じないんですよね。欧米ではとにかくアジア人男性の地位が低くて、汚いものを見るような目で指をさされたりした経験が何度もあり、わざわざ大金を払ってそういう思いをしに行くのはちょっと、、、という感じです。観光客だらけの場所しか訪れないということであれば、そこまでストレスを感じることもないとは思いますが。

とまあ、長々と書いてしまいましたが、私はアジアが好きで、その中でもシンガポールというのは本当に魅力的な国だなと。私が所属する業界はシンガポールとは縁がないので、今後も機会はないでしょうが、可能ならシンガポールで働きたいくらいです。実は香港の会社には昨年応募書類を送ったのですが、ダメでした。やっぱり給与水準の高い国は競争倍率が本当に高いですね。

ということで、シンガポール編はこれにて終了です。

国を跨ぐ引っ越しがだんだんと近付いてきているということもあり、現時点では特に他の旅行の予定はないのですが、早くまた次の旅に出かけたいなぁ〜なんて思っているところです。

それにしても、旅行って本当に、いいものですね。