読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある飛行機好きの生活向上ブログ

台湾在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANA SFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報などについて書いていきます。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

シンガポールのセントーサ島にある「リゾーツ ワールド セントーサ エクアリウス ホテル(Resorts World Sentosa - Equarius Hotel)」

今回は、シンガポール旅行の際に滞在したホテルについてご紹介したいと思います。

 

「リゾーツ ワールド セントーサ エクアリウス ホテル」


今回のシンガポール旅行では、ホテル選びにかなり迷いました。シンガポールは非常に国土の狭い国なわけですが、観光に力を入れているせいもあるのか、ホテル自体の数はかなり多いです。しかも、五つ星ホテルの多いこと多いこと。さすが物価が高いことで有名な国だなと思いました。

今回私が滞在したセントーサ島内にもいろんなホテルがあるのですが、やはり「リゾーツ ワールド セントーサ(Resorts World Sentosa)」という複合リゾート内にあるホテルが人気なようです。リゾート内での移動にも便利そうなので、私もそれらの中から選ぶことにしました。

リゾート内には5つのホテルがあり、どこも良さそうだったのですが、宿泊サイトのレビューや部屋の特徴などを散々調べた上で、「エクアリウス ホテル(Equarius Hotel)」に決めました。

立地的には、リゾートの端の方にありますから決して良いわけではないのですが、その分静かだそうで、落ち着いた滞在に向いているとのレビューに惹かれました。あとは、一番安い部屋でも51平方メートルということで、予算的には結構厳しいものがありましたが、思いきって決めました。

 

有償アップグレードのオファー


当日はチャンギ空港に到着後、タクシーで直接ホテルへと向かいました。

確かに島の少し端の方にあるのですが、レビュー通り落ち着いた雰囲気が外観からも漂ってきて、結構テンションが上がりました。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


なお、ホテルのすぐ隣には、ロンドン生まれの高級スパである「ESPA」があります。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


ホテル内に入り、チェックインをするためにフロントへ。

普通なら、クレジットカードを出してサインして部屋の鍵をもらうだけなのですが、、、なんとここで有償アップグレードのオファーが!!!

この手のオファーは基本的に乗った方がいい思いができますから、ウキウキしながら話を聞いたのですが、、、追加料金がちょっと普通ではありませんでした。なんと1泊あたり「$250++」!!!

250シンガポールドルは約2万円ですから、めちゃくちゃ高いわけですが、この「++」ってのがまた曲者です。要は、これに税金とサービス料がさらに上乗せされるという意味なのですが、シンガポールのホテル税は7%、サービス料は10%ですから、合計で17%上乗せ、つまり1泊あたり約23,400円!!!

一応、、、ということで、元々予約してあった一番安い部屋とどう違うのか聞いてみたところ、「かなり違う。すっっごくいい部屋になる。」とのこと。まあでも、その一番安い部屋でも素泊まりで1泊約36,000円でしたから、もうお金なんてありません。もちろんオファーは断りました。

部屋の用意にもう少しだけ時間がかかるからソファーに座って待つよう言われ、しばし待つことに。

するとですね、、、不思議なことに、頭の中をいろんな邪念がよぎるわけですよ、、、

「本当にそれでいいの? 後悔しないの?」って、、、

そして1分後、再びフロントへ。

「やっぱり、オファー受けます!」

もう本当に、まさしく清水の舞台から飛び降りる覚悟でした。

ということで、部屋は51平方メートルの「デラックス(Deluxe)」から、130平方メートルの「デラックス スイート(Deluxe Suite)」に変化しました。

以下、部屋の中をご紹介したいと思います。

 

エクアリウスホテルのデラックススイートルーム


部屋の中に入ってみると、確かに広い!
さすが130平方メートル!
いったい今住んでいる台北のアパートの何倍の広さがあるんだか、、、

まず入ってすぐ傍にある扉を開けると、そこはお手洗い。無駄に広くて、しっかり洗面台も隣にあります。石鹸はESPAのものです。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


リビングルームですが、重厚な造りのダイニングテーブルがあり、サイズも結構大きいのでインルームダイニングにはぴったりですね。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


ワークデスクもいい感じ。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


そして、何と言ってもこのソファー!

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


写真で伝わるかわかりませんが、これ、かなりデカいです。質感も素晴らしかったです。
テレビも、スピーカーが独立している贅沢仕様でした。
奥の扉の向こうが寝室及びバスルームです。


ちなみに、テレビの後ろ側はバルコニーになっています。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


目の前には本島(?)とセントーサ島とつなぐロープウェイ。その下にはプールが見えます。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


リビングルームはかなり広々としていて、バーカウンターなんかもあります。
写真を撮り忘れましたが、ワインセラーまで付いていました。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


さて、お次は寝室です。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


寝室にも結構なサイズのソファーがあります。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


ベッドも非常に大きく、本当に快適でした。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


なお、寝室にもリビングルーム同様、バルコニーが付いていて、景色や外の空気を楽しむことができます。

最後にバスルームです。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


もちろんシンクは二つ。アメニティー類は全てESPA。
寝室と窓越しになっているのですが、電動のブラインドを下ろすことで完全に隠れます。

バスタブも大きく、のんびり入浴が楽しめます。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


そしてこれが、第二のトイレ。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


写真だとわかりにくいのですが、雑誌が数冊セットされていました。
それにしても、トイレが二つもあると、どちらを使えば良いのか迷うから困ります(笑)

こちらはシャワーブース。

 

Resorts World Sentosa - Equarius Hotel


広々としていて、水圧も十分です。どうやらサウナ機能もついていたようなのですが、私は利用しなかったので詳細は不明です。

 

感想


とにかく、最高でした。以上。

よく、「ホテルなんてどうせ寝るだけじゃん。金かける奴の気がしれない。」と言う人がいますが、私にとってホテルは超重要です。

日中観光を楽しんで、ホテルに戻ったらゆっくり入浴。ルームサービスを頼んで、バスローブ姿でゆっくりお酒と食事を楽しむ。上質なベッドでぐっすり眠り、翌朝はいつもよりも遅めに起床。再度ゆっくり風呂に浸かって、ルームサービスを頼んで遅めの朝食。そして再び観光へ。
これが私の、プライベートな旅行の際の基本的なスタイルです。

普段、汚くて狭いボロボロのアパートで暮らし、安いものばかり食べていますから、せめて旅行の時くらいは、、、と思うんですよね。

それにしても、今回利用したホテルは、過去の旅行経験と比較しても特に満足度が高かったです。

部屋は清潔に保たれ、ソファーや寝具の質も高く、ESPAのアメニティーも非常に気に入りました。シャンプーやボディーソープの香りがもう最高なんです。あとは、遅い時間帯でも普通にルームサービスが頼めた点も嬉しかったです。今振り返っても、本当にネガティブな点が見つかりません。

予想外の出費で大きく予算をオーバーしてしまいましたから、当分は質素倹約生活をする必要がありますが、次の旅行の夢でも見ながら、またあくせく働こうかなと思っています。

次回のエントリーでは、シンガポール旅行の観光編をお届けしたいと思います。