とある飛行機好きの生活向上ブログ

中国在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANA SFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報などについて書いていきます。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

香港に行ってこようと思います

香港のビクトリアハーバーの夜景

 

いきなりですが、今週の週末、香港に行ってこようかなと思っています。


上の写真は前回行った時に撮ったものなのですが、久しぶりにまたこういう景色が見たいなと思いまして。

 

アジアの超高密度都市「香港」


東京は誰もが認める世界的な大都市だし、台北も国際的な大企業がオフィスを構えるアジアの主要都市の一つです。そんな二つの都市で私は何年も暮らしましたが、そんな者から見ても香港というのは非常にユニークな都市だと思います。

高さの割に断面積が相対的に小さい、つまり、細くてやたらと高いビルがニョキニョキ生えているかのようなあの町並みを初めて見た時には、本当に衝撃を受けました。地震がめちゃくちゃ多い国出身の私からしたら考えられない光景だったのです。

かつてはイギリスだったわけで、その名残がいろんな場所で見て取れたのもまた興味深かったです。学校の門なんかには英語表記も残っているし、街を歩いていても白人をたくさん目にします。北京語とは全くと言っていいほど音が異なる広東語がいろんな場所から聞こえてくるかと思えば、コンビニの店員が普通に英語を話していたりすることも。あそこまで様々な文化がごちゃまぜになった都市は世界中探しても他にないのではないでしょうか。東洋の文化と西洋の文化が絶妙なバランスで混ざり合い、独特の新しい文化を形成しているような気がします。

 

台湾旅行のついでに香港にも行ってみませんか?


台湾は親日国として有名ですから、毎年ものすごい数の日本人が旅行に来ます。地下鉄の主要駅なんかにいれば、けっこうな頻度で日本語が聞こえてきます。

私はこっちに住んでいてわかったのですが、実は台湾から香港へは非常に簡単に行くことができます。「簡単」と言っているのは、とにかく安く行けるという意味です。格安航空(LCC)を使うまでもなく、台湾のレガシーキャリアである「エバー航空」や「中華航空(チャイナエアライン)」利用でも、往復で2万円かかりません。ですから、「台湾旅行のついでに香港に寄る」なんていうのは個人的にはかなりオススメな旅行プランで、最近はよく知人なんかにも勧めています。香港は台湾からなら近いけれど、日本からだと時間もお金もけっこうかかりますからね。

 

航空会社


あくまで飛行機ブログですから、ここはやはり飛行機についても言及するべきなわけですが、今回もどこの会社の便にするかでけっこう悩みました。

私はANAのプラチナ会員であり、かつデルタ航空のゴールドメダリオン会員ですから、まずワンワールド所属のキャセイパシフィック航空は候補から外れます。ということで、エバー航空かチャイナエアラインかなと。この二つなら「エバー航空一択だろ!」なんて言う人もいるのですが、私はチャイナエアラインがけっこう好きで、過去にはたくさんお世話になりましたし、香港便利用時に使える桃園空港の第一ターミナルにあるチャイナエアラインのラウンジは、非常にお洒落で気に入っていたりもします。

ということで、非常に迷ったわけですが、前回訪問時に以下の記事を書いたことが決め手になりました。

 

superflyer2015.hatenablog.com


この記事で上述のチャイナエアラインのラウンジを紹介してしまっているので、今回はエバー航空で行くことにします。チケット(エコノミークラス)は約17,000円でした。

 

ホテル


香港にはホテルが山のようにありますから、どのホテルに泊まるかについても非常に迷いました。

そんな中、「Booking.com」と「Agoda」でいろんなホテルを見比べていたところ、非常に面白いホテルを発見しました。何が「面白い」のかと言うと、そのホテルはどうやらつい最近できたばかりなようで、クチコミ評価などの統計データがほとんどなかったのです。ただ、大手ホテルグループがプロデュースする小規模高級ホテルであり、もちろん五つ星、質はかなり高そうに思えました。

そんなホテルですから、もちろんめちゃくちゃ高いわけですが、なんとオープンしたばかりということで現在キャンペーンをやっていて、通常価格と比べてかなり安く泊まれるということがわかりました。ホテルなんて一度建てたら10年や20年は平気で使い続けるわけで、できたてのホテルに泊まる機会なんてそうそうありませんから、こりゃもう思いきって試してみるしかないなと。ここまで書いた上で、あえてホテル名は今は書かないでおきますが(笑)、後日詳しくレポートさせていただくつもりです。


ということで、次回からの数回は香港旅行についての記事になると思います。空港でラウンジが使えたりするのも、昨年いわゆる「SFC修行」をしてANAのプラチナ会員になり、同時にスターアライアンスゴールド会員になったからなわけですから、そのあたりの「恩恵」に関しても詳しくお伝えできたらと思っています。
飛行機好きな方も、旅行好きな方も、SFC修行に興味を持っている方も、陸マイラーな方も、もしよろしければ、香港特集にお付き合いいただけたら嬉しいです。