とある飛行機好きの生活向上ブログ

中国在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANA SFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報などについて書いていきます。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

チャンギ国際空港にあるシンガポール航空の「KRISFLYER GOLD LOUNGE(クリスフライヤーゴールドラウンジ)」

楽しかったシンガポール旅行も全ての旅程を終え、あとは台湾に”帰国”するのみです。

ということで、今回は最終日にチャンギ空港で利用したシンガポール航空のラウンジをご紹介したいと思います。

 

チャンギ国際空港へ


しんどい時間はすごくゆっくり流れるのに、楽しい時間はいつだってあっという間に過ぎてしまいます。

シンガポール最後の朝をスイートルームのベッドで迎え、「いい旅だったな〜」なんて思いながらゆっくり入浴。ルームサービスで朝食を済ませ、荷物をまとめてチェックアウト。ホテルのエントランスでスタッフの方に記念写真を撮ってもらい、タクシーに乗り空港の第3ターミナルへ。

 

シンガポールのチャンギ国際空港

 

シンガポールのチャンギ国際空港


それにしても、チャンギ国際空港、本当に綺麗な空港ですね。まあ、若干目がチカチカしますが(笑)

土産物屋で残ったシンガポールドルを使い切り、チェックイン後、制限エリアに進みラウンジを目指します。

 

クリスフライヤーゴールドラウンジ


復路もエバー航空利用ということで、同じスターアライアンスメンバーであるシンガポール航空のラウンジである「KRISFLYER GOLD LOUNGE(クリスフライヤーゴールドラウンジ)」が利用可能です。

チャンギ空港の第3ターミナルにはシンガポール航空のラウンジが二箇所あるのですが、エコノミークラス利用のスターアライアンスゴールド会員が利用できるのはそのうちの一箇所のみです。

案内板に従ってラウンジを目指すと、まずゴールドラウンジの方が見つかります。そして、その前にある通路をさらに奥に進むと、こんな感じの入り口が見えてきます。

 

f:id:superflyer2015:20170529195137p:plain


私は中には入れないので詳細はわかりませんが、入り口からしてゴールドラウンジとは全然違い、高級感が漂っていました。

ということで、「いつかきっと、、、」なんて思いつつゴールドラウンジへ。

 

チャンギ空港にあるシンガポール航空の「KRISFLYER GOLD LOUNGE(クリスフライヤーゴールドラウンジ)」


決してすごく広いラウンジというわけではありませんが、中はかなり空いていてのんびりくつろぐことができました。

 

チャンギ空港にあるシンガポール航空の「KRISFLYER GOLD LOUNGE(クリスフライヤーゴールドラウンジ)」

 

チャンギ空港にあるシンガポール航空の「KRISFLYER GOLD LOUNGE(クリスフライヤーゴールドラウンジ)」


食べ物や飲み物も一通り揃っているので、がっつり食事をしたい人でも満足できるのではないでしょうか。

 

チャンギ空港にあるシンガポール航空の「KRISFLYER GOLD LOUNGE(クリスフライヤーゴールドラウンジ)」

 

チャンギ空港にあるシンガポール航空の「KRISFLYER GOLD LOUNGE(クリスフライヤーゴールドラウンジ)」


どの料理も味が良くて楽しめました。うまく表現できないのですが、毎日食べたいとは思わないけれど、たまに無性に食べたくなる味なんですよね。

シンガポールでの最後の食事を満喫した後は、搭乗ゲートへと向かいます。

 

エバー航空のB777-300ER


往路同様、復路も機材はB777-300ERです。

 

エバー航空のB777-300ER


私の知る限り、日本-台湾路線ではこの機材は使われていないため利用経験は決して多くないのですが、やはり大きくて迫力があります。

エコノミークラス利用なので、まあ何か特に面白いことがあるわけではありませんが、シートはしっかりとした作りで、決して不快には感じません。

 

エバー航空のB777-300ER


チャンギ空港から台湾桃園国際空港までは約4時間なのですが、そのくらいならエコノミークラスでも十分ですね。

ラウンジでそれなりに食べた後ではありましたが、機内食もいただいてしまいました。

 

エバー航空のB777-300ER


写真が綺麗に撮れていなかったのが残念なのですが、このチキンがなかなか美味しかったです。蓋が付いたまま左上にあるのはブラウニーのようなチョコレートケーキでした。

そんなこんなで、ほぼ定刻通りに桃園空港に到着し、往路同様、桃園メトロ(MRT)空港線で台北に帰りました。これにて今回のシンガポール旅行は完全に終了です。

 

最後に


あっという間ではありましたが、今回も本当にいい旅行になりました。

少し話が変わりますが、こうやって旅行の思い出をブログとして残すことにはそれなりに意味があるような気がします。現地で撮った写真を見返し、ハイライトを文章と共にこうやって形にしておけば、1年後でも10年後でも、その楽しかった一瞬に戻ることができるんじゃないかな、、、なんて。

旅ブログなんてネット上には掃いて捨てるほどありますから、どの程度人に読んでもらえるかという観点では何とも言えませんが、将来の自分のためにまとめておくのも悪くないなと。今これを書きながら、ふとそんなことを思いました。

次回のエントリーで今回の旅行全体のまとめをして、シンガポール編の幕を下ろすことにしたいと思います。