とある飛行機好きの生活向上ブログ

台湾在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANA SFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報などについて書いていきます。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

(宿泊レポート)ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」

今回は、ベトナム旅行中にハノイで利用したホテルについてご紹介したいと思います。

 

ハノイのホテル事情


今回のベトナム旅行では、首都であるハノイにも滞在しました。南部にあるホーチミンシティに次ぐベトナムで二番目に大きな都市です。

海外旅行と言えばやはり飛行機とホテルの手配なわけですが、ハノイにはホーチミンシティ同様、ものすごくたくさんのホテルがあります。しかもとにかく安い! 日本人が普通に泊まれる質のホテルという観点から言ったら、標準的な価格帯は1泊あたり朝食付き1部屋で3,000円〜6,000円程度ではないでしょうか。二人で泊まるとして、1人3,000円も出せば結構いいところに泊まれます。

今回私も非常に迷ったのですが、宿泊予約サイトの「Agoda」や「Booking.com」の口コミを重視して選び、「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」という四つ星ホテルに決めました。定員2名の「デラックスダブル」という部屋で1泊あたり約5,700円でした。後日、ベトナムマニアの知り合いに伝えたところ、「一人旅なのにそんなにいいところに泊まったの!?」と驚かれましたが、少し高めということもあり、質は本当に高かったです。

場所ですが、ホアンキエム湖の東側にあります。

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


この湖の北側に観光客が集まる非常に賑やかな場所があるので、そういった場所に飲みに行ったりするのにとても便利でした。繁華街の中にもホテルはたくさんあるのですが、結構深夜までうるさいので、少し離れたこのあたりの方が落ち着いて滞在できるというメリットがあります。

 

「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


以下ホテルの紹介ですが、今回お世話になった「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」の外観はこんな感じです。大通りからは少しだけ離れているので、少し落ち着いた雰囲気があります。

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


ベトナムのホテルは、こんな感じの細長いビルになっていることが多いですね。

中に入るとフロントの周辺はこんな感じ。決して広くはないけれど、とにかく綺麗でスタッフさんたちもキリッとしていて、雰囲気が良かったです。

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


チェックインを済ませると、「部屋の最終確認をするので、少々お待ちください」と言われ、ウェルカムドリンクとナッツを持ってきてくれました。

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


この日も外はとにかく暑くて、キンキンに冷えたこのジュースがめちゃくちゃ美味しかったです。同じ質のものを日本の喫茶店で飲んだら、いったいいくらすることやら、、、

フロントのお兄さんもとても気さくな人で、このジュースを飲んでいる間、周囲の観光案内をしてくれたりと、非常に気がきくなと感心しました。ただ、一人での滞在という点にはちょっと驚いているようにも見えました。館内で見かけたゲストは全員カップルだったので、一人で泊まる人は結構珍しいのかもしれません。ひとり旅に適したもっと安いホテルなら、他にいくらでもありますからね。ちなみに、日本人カップルも一組見かけましたが、彼女さんなのか奥さんなのか知りませんが、すごく可愛らしい方でした。最近、収入と容姿はある程度比例するという話をどこかで読みましたが、個人的には絶対に的を得ていると思います。少しいいレストランや質の高いホテル、飛行機のビジネスクラスなどを利用している人たちの中には容姿の優れた方が多いような気がします。陸マイラー界で有名なあのブロガーさんも明らかに容姿が優れていますしね。

と、話が変な方向にズレましたが、ドリンクを飲みながら少し待つと、「予約していただいた部屋からは外が見えないので、窓のある部屋をご用意させていただきました」と言われ、スタッフさんが部屋まで案内してくれました。

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


部屋に入ってテンションが上がりました。モダンなんだけれど決してケバくはない、センスのいい部屋だなと感心しました。これなら、カップルに人気があるのも当然ですよね。

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


ベッドの隣にはこんな感じの大きめのソファーもありますから、のんびり過ごすにもちょうど良さそうでした。

もちろん、テレビ以外にも冷蔵庫や使い捨てスリッパ、バスローブなど、必要なものは一通り揃っています。

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


特に個人的に嬉しかったのは、バスルームが非常に綺麗だったことです。バスタブはありませんが、すごく使い勝手のいいシャワーが付いていて、水圧も温度も完璧でした。先日、ヨーロッパ旅行で泊まったホテルなど、価格はこのホテルの倍くらいしましたが、シャワーの水圧がショボかったり温度が途中で何度も変わったりと、とてもブログで紹介できるようなものではなかったので、今回本当に感動しました。

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


ちなみに、こちらのホテルの中にはレストランがあり、ルームサービスも利用可能です。今回私は利用しませんでしたが、メニューの写真を撮ってきたので、興味のある方はチェックしてみてください。

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


とにかく価格が手頃なのが嬉しいですよね。日本のまともなホテルで頼んだら、3倍くらいはするのではないでしょうか。

あとは、私は利用しませんでしたが、ホテルの名前からも分かる通り、ホテル内にはスパも入っているようで、「外にあるお店よりも質の高いマッサージを受けることができますよ」とスタッフの方が言っていました。男性の単独利用でも全く問題ないそうです。

 

セミビュッフェ形式の朝食


今回は朝食付きのプランでしたので、朝にはホテル内のレストランでセミビュッフェ形式の朝食を楽しむことができました。

レストランは二階にあり、一階からの吹き抜けになっている部分から自然光も入り、お洒落な作りで雰囲気も良かったです。

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


席に着くと、スタッフのお姉さんが注文を取りに来てくれます。フォーや卵料理、コーヒーなどの飲み物なんかを選ぶことができます。注文が済んだら、ビュッフェコーナーへ。

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


決して品数は多くはありませんが、どれも質が高くて美味しかったです。

ちなみに、この朝食会場には私の他に白人のカップルと韓国人のカップルがいたのですが、その韓国人の女の子がアイドルみたいな容姿でびっくりするくらい可愛かったです。近々韓国に行かなくてはと思いました(笑) ただ、テーブルに肘をついて食べるのだけはいただけませんね。台湾人の女の子もよくそれをするのですが、どうも日本人としては抵抗があります。もっとも、最近では日本人の食事マナーも微妙だという話を聞きますが。

とまあ、そんなことを考えつつ食べていると、私が注文したオムレツが運ばれてきました。シンプルなルックスですが、すごく美味しかったです。

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


そして次はフォーが運ばれてきました。

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


これがまたとにかく美味い!
写真を眺めていたら、またすぐにでもベトナムに行って食べたくなってきました、、、とにかくこのスープがいいんですよね〜

そして最後はフルーツ。

 

ベトナムのハノイにある「Hanoi Emerald Waters Hotel & Spa」


南国なので、もちろんフルーツも美味しいのですが、まあ似たようなものは私が普段暮らす台湾でも楽しむことはできるかな。

このくらい食べるともうお腹がパンパンになりますから、朝食というよりはブランチといった感じが合っているのかもしれません。私は旅先で少し遅めの時間帯に食べる朝食が好きです。

 

まとめ


我ながら今回はいい選択をしたなと思いました。今回のホテルに関しては、率直に言って、一切不満は感じませんでした。文句をつけるところが見当たらないのです。これで6,000円しないくらいなわけですから、本当に最高です。

アジア旅行では、あえて激安なゲストハウスのようなところに泊まったり、レストランには入らず屋台で食事をしたりというのもまあ若者にはいい思い出になるとは思いますが、シニアな層の一人旅やカップルでの旅行の際には、今回のようなホテルはまさに最適だと思います。

それにしても、ハノイの街の様子は次回のエントリーでご紹介させて頂くつもりですが、ベトナムはなかなか面白いですよ!

これからグングン経済が伸びていくその発展途上にあるのだというのが伝わってきて、とにかく人々のエネルギーを感じます。台湾ブログ(http://taiwanlover.hatenablog.com/)もやっている私が言うことではないのかもしれないけれど、「台湾とベトナムなら、どちらに行くべき?」と問われたら、私はベトナムを勧めますね。台湾というか、特に台北は物価が結構高くて、グルメにせよお酒にせよマッサージにせよ、質の高いものを楽しもうと思うと日本並みにお金がかかりますからね。

ということで、兎にも角にも、今回の記事がきっかけでベトナム旅行を検討する人が一人でもいたら、なんだかちょっと嬉しいななんて思っています。