とある飛行機好きの生活向上ブログ

台湾在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANA SFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報などについて書いていきます。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

アメックスのオペレーターの電話対応がすごい!

オペレーター

 

私は昨年いわゆる「スーパーフライヤーズカード(SFC)修行」をしてANAのプラチナ会員になり、SFCを手に入れました。そして以下の記事でも書いたアメリカンエキスプレスのSFCゴールドカードを現在は買い物の際などに主に使っています。

 

superflyer2015.hatenablog.com

 

superflyer2015.hatenablog.com


アメックスのカードを使っている人ならわかる話かもしれませんが、アメックスホルダーは比較的デスクに電話をする機会が多いです。なぜなら、利用限度額をインターネットで確認する術が用意されていないためです。あとはそもそも、利用限度額とは言ってもかなり柔軟に対応してもらえるので、決済額が多い月などは念のため電話をしておくなんてことも少なくないのではないでしょうか。

ということで、昨日私もそんな感じの要件でデスクに電話をしたのですが、担当してくれたオペレーターの方の対応がもう本当にすご過ぎて、どうしてもこうやってオープンな場所に書いておきたくなりました。

 

ちょっとしたやり取りの中にもこんなにまで「工夫の余地」があるのだなと、本当に感動しました。一つ一つの言い回しに工夫が感じられ、かつ正確に要件を把握し、聞きながら入力作業も的確に行い、笑顔が頭に浮かぶかのようなきれいで可愛らしい声、、、って、これじゃあなんかまるで変態みたいですね、、、(笑)


でも本当に感動するくらい素晴らしい対応だったのです。
最後には、「あっ!◯◯様、昨年の4月にご入会いただきましたから、ちょうど1年経ったのですね。今までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。今後もサービス向上の努力を怠らずに頑張りたいと思いますので、あらためまして今後もよろしくお願いいたします。」的なことを言われました。

私はクレジットカードが好きで、過去にはそれなりにいろんなカードを持ちましたし、海外に住んでいるということもあり、何かとオペレーターの方と電話で話す機会は多かったような気がします。そんな経験から言えるのは、話していて気持ちいいと思える経験をしたのは、アメリカンエキスプレスとのやり取りの時だけです。アメックスのオペレーターはそれぞれに明らかに「個性」が出ていますから、マニュアルは間違いなく存在するだろうけれど、きっと自分なりの「カラー」を出す余地が認められているのでしょうね。

マニュアル通りの対応をするだけでもなかなか難しい、というか、できない職業人は本当に多い。でも、社会のアッパークラスが求める「付加価値」を追求するのであれば、マニュアル通りの対応なんてのは「ミニマム」でしかない。
な〜んて、口で言うだけなら簡単だけれど、実践は本当に大変だろうなと思う。

それにしても、「いい仕事」って本当にいいものですね。
クレジットカードの還元率がどうだとか、ポイントの使い道がどうだとか、私も普段そんなことばかり考えている小さな人間だけれど、今回のようないい仕事に触れると、自分も何かいい仕事をしたいななんて、つい思ってしまいます。

アメックスのゴールドカードは年会費が3万円を超えますから、そろそろVISAのSFCゴールドに変更しようかななんて思っていたのですが、こりゃもうしばらくアメックスさんにお世話にならざるを得ませんね。