とある飛行機好きの生活向上ブログ

中国在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANA SFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報などについて書いていきます。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

SBIポイントとは? PeXポイントへの交換レートアップキャンペーン開催中!

昨日、SBIポイントをPeXポイントに交換しようとしてSBIポイントのサイトにアクセスしてみて知ったのですが、現在PeXポイントへの交換レートアップキャンペーンをやっているようです。調べてみたところ、3月2日にSBIポイントから届いたメールにもそのことが記載されていたのですが、すっかり見落としていました。

 

SBIポイントとは?


SBIポイントというのは、「SBIグループ」のサービスを利用したり、「SBIポイントモール」で買い物をしたりすることによって貯まるポイントのことです。
私の場合、SBI証券の口座で投資信託を保有しているのですが、「投信マイレージサービス」により、何もしなくても保有しているだけで「月間平均保有額×0.1%(年率)」(月の平均保有額が1,000万円未満の場合)もしくは「月間平均保有額×0.2%(年率)」(月の平均保有額が1,000万円以上の場合)に相当するSBIポイントが毎月もらえます。

ポイント獲得効率がすごくいいというわけではありませんが、投資信託というのは一度買ったら数年間は放置するのが一般的ですから、何もしなくても勝手にポイントが入ってくるというのはなかなか嬉しいものです。
あとは、特に今年に入ってから世界中のマーケットは荒れ気味なので、堅実な投資をしたい方には投資信託はお勧めです。株やFXに比べたらリスクは低めですから。私は東京オリンピックまでは解約せずに持ち続けるつもりで、日本株系のファンドを保有しています。

 

SBIポイントは何に交換できるの?


SBIポイントの交換先なのですが、主には「現金」、「Tポイント」、「ANAマイル」、「JALマイル」、「PeX」などです。
ちなみに、私は「陸マイラー」というものの存在を知る前は普通に現金に交換していました。
(「陸マイラーって何?」という方は以下の記事をご参照ください。)

 

sfcmiler.hatenablog.com


なお、現金に交換する場合のレートは、「SBIネット銀行」の口座に振り込む場合は「1ポイント=0.85円」、それ以外の金融機関に振り込む場合は「1ポイント=0.8円」です。ただし、「SBIカード株式会社」が発行しているクレジットカードを保有している場合、「5,000ポイント=5,000円」、「10,000ポイント=12,000円」とレートが良くなります。

私は先日SBIカードを作ろうと申し込んだところ入会審査で落とされてしまいましたから、残念ながらこの優遇レートで現金に交換することはできません。

 

sfcmiler.hatenablog.com


ANAのマイルを収集している方であれば、迷わずそれを選ぶわけですが、気をつけなければいけないのは、「SBIポイントから直接ANAマイルに交換してはいけない」ということです。本当は「いけない」というのは言い過ぎなのですが、とにかく交換レートがすごく悪い(700ポイント=200マイル)のです。
ですから、まずはPeXポイントに交換(500ポイント -> 4,000ポイント)した上で、それを「メトロポイント」に交換し、それをさらに「ANAマイル」に交換するべきです。そうすることで、最終的な交換レートは「約0.72」、つまり、SBIポイント「10,000ポイント」が「約7,200マイル」になります。
「現金にするのといったいどちらが得なんだろう?」なんて思われた方は、ぜひ以下の記事を読んでみてください。

 

superflyer2015.hatenablog.com

ANAマイルを貯める目的が「国際線のビジネスクラス特典航空券への交換」なら、ほぼ間違いなく、現金にするよりもANAマイルに交換した方が得だと思います。路線によっては「2倍以上得」なんてことにも普通になります。

 

PeXポイントへの交換レートアップキャンペーン


ここまで説明した上で、記事タイトルのキャンペーンの件なのですが、「3月27日まで」であれば、SBIポイントをPeXポイントに交換した際のレートが通常時よりも有利になるキャンペーンが現在開催されています。
期間内であれば、「SBIポイント500P」が「PeXポイント5,000P」になりますから、言ってみれば等価交換となるわけです。通常時は2割目減りしますから、これはけっこう大きいです。このキャンペーンに乗ることで、メトロポイント経由で最終的に「約0.9」というレートでSBIポイントをANAマイルに交換することができます。

ということで、乗らない理由は全くないので、現在SBIポイントを保有している方はぜひ交換を検討してみてください。