読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある飛行機好きの生活向上ブログ

台湾在住サラリーマン。2015年にいわゆる「修行」によりANA SFC取得。飛行機や旅行、航空会社のマイレージ会員制度、陸マイラー情報などについて書いていきます。(Twitter: @superflyer2015)

スポンサードリンク

航空会社の上級会員資格って本当に必要なの? 必要だとしたら、それは本当にSFCで、JGCやスカイチームエリートプラスではないの?

台北松山空港にあるVIPラウンジ

 

何を今更って話ではあるのですが、昨日書いた記事

 

sfcmiler.hatenablog.com


でご紹介させていただいた通り、ANAの上級会員があまりにも多過ぎて優先搭乗なんかの恩恵がほとんど感じられないことも少なくないので、ちょっと再考してみたいなと。


言いたいことは一つだけなので、先に書いてしまいます。

 

本当にSFCでいいのかは頻繁に使う路線次第


まず、世界には3大航空連合(スターアライアンス、ワンワールド、スカイチーム)があり、日本で国内線を就航している二つのレガシーキャリアである全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)はそれぞれスターアライアンス、ワンワールドに加盟しています。ですから、航空会社の上級会員になるとしたら、その二社のどちらかということになるわけです。両方で上級会員資格を持っている方も少なくありません。

居住地域や所属会社の方針などに依ってANAかJALかを選ぶことが多いわけですが、世界初で世界最大の航空連合はスターアライアンスであり、さらに陸マイラー的な視点で考えた場合にメリットが比較的大きいので、ネット上ではスーパーフライヤーズカード(SFC)取得を目指す人のための情報が溢れていたりなんかするわけです。実際に当ブログの管理人もSFCホルダーです。

ただ、今回の旧正月中の一時帰国を経験して、ちょっと思ったことがあります。
例えば、ANAの羽田-台北(松山)路線を利用する場合、上級会員として扱われるのは主に「ANAの上級会員」と「エバー航空の上級会員」となるわけです。
では、同じ路線のJAL便を使う場合はどうでしょうか?
上級会員として扱われるのは、主に「JALの上級会員」です。キャセイパシフィックもワンワールドに加盟しているのですが、就航しているのは成田-台北(桃園)便であって、羽田路線には飛んでいません。
それでは次に、同じ路線で中華航空(チャイナエアライン)を使う場合はどうでしょうか?
上級会員として扱われるのは、主に「チャイナエアラインの上級会員」です。

もう言いたいことは伝わりましたよね?
羽田-台北(松山)路線を頻繁に使う人にとっては、SFCを取得するよりも、JGCもしくはスカイチームエリートプラス資格を獲得した方がハッピーになれるかもしれないということです。SFCホルダーというのはそもそもた〜くさんいますし、エバー航空というのは台湾で一番人気の航空会社ですから、上級会員もたくさんいます。
ちなみに、SFCやJGCの取得方法はいいとして、スカイチームエリートプラスの資格はアメックスとデルタ航空の提携クレジットカードを手に入れることで簡単に取得できます。管理人も持っています。
私は昨年SFC修行をして、現在ANAのプラチナ会員なので、今回は何となくANAの便を選びましたが(といっても、ビジネスクラス利用だったのでそもそも上級会員である必要すらなかった、、、)、今考えるとスカイチームエリートプラス資格も持っているわけだから、普通にチャイナエアラインの便を使えば良かったのかななんて、、、
預け入れ荷物も、過去にチャイナエアラインを利用した際には毎回けっこう早めにターンテーブル上に出てきたのに、今回はかなり待つことになり、平会員との差は僅かでした。

 

結局、最強なのは全航空連合制覇?


コスパを考えるのであれば、基本的にはよく使う路線を考慮した上で、一社の上級会員になればいいのだと思います。国内線も使う方であれば、当然SFCかJGCということになります。
しかしながら、やはり自由度が最も大きくなるのは、複数の会社の上級会員である状態です。特に国際線のチケットの価格変動は本当に大きいですから。
ということで、多分いつかJGC修行すると思います。選べない閉塞感ってやっぱりちょっと嫌ですから。ずっとチャイナエアラインを使ってもいいのですが、やはり日本人としては日本の航空会社を利用するのが普通だと思うので、JAL便を使いたいんですよね。
ANA便利用時のあの優先搭乗対象者の長蛇の列に紛れるのが生理的に嫌だなと今回強く感じました。ベンチに座ってまったりしている平会員の人たちの方がなんか余裕があるように思えたんですよね。自分もギリギリまでベンチに座っていればいいだけの話なのですが、、、

って、これ要はもう完全に趣味の世界ですよね。一つ山に登ると、今度はもっと高い山に挑戦したくなるっていう、、、

私の友人にかなりの資産を持っている方がいるのですが、その人は上級会員資格を持っていないどころか、航空会社の会員証すら持っていません。なぜなのか聞いてみたところ、「ビジネスクラスしか使わないから必要ない。それに、そういう細かいことを気にしている時間がもったいない。」とのことでした。
私も、自分の欲求を満たすために貯めるべきなのは、ポイントサイトのポイントやマイルなんてチンケなものじゃなくて、現金なんだなと痛感しました。まあ当たり前なんですけどね。
とりあえず、こんなことをこのブログに書いてはいけませんよね、、、わかってはいるんですけれど、、、まあでも、たまには本音も、ちょっとくらいは、ね。